読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイ ネーム イズ マイ

不定期更新しますですー

Hope possess

勝「うーん、ダメだ。白川のやつ電源切ってんのかー?つながらないぜ…」
 
浩「……園澤って子にはかけたのか?」
 
勝「いやー?俺、白川のしか知らないぜ。園澤には連絡先聞いてなかったんだぜ、あっははははは」
 
浩「…じゃあ、最近入った2年生とやらは?」
 
勝「聞いてない…てか、聞く機会なかったぜ。出会ったばっかだし…。んー、しゃーない。じゃあしばらく公園で白川から連絡くるの待つかー。行こうぜ!公園に!」
 
浩「…はぁ…帰りたい…」
 
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
 
由乃ちゃんが精一杯声を出すと、由乃ちゃんの周りに虹色の花吹雪が舞い…しばらくすると花が散っていった。すると、由乃ちゃんが…
 
由「わぁああ‼︎⁉︎ぎゃああああ⁉︎」
 
翼「おお…」
 
樹「おー‼︎」
 
…変身した…
 
ユ「んなっ…」
 
変身した由乃ちゃんの姿は、私のよりフリフリのお花柄のドレスで、先程散ったはずの花びらが、由乃ちゃんの周りにふわふわ浮いていた。
 
由「って、あれ⁉︎さっきまですごい苦しかったのに、全然苦しくない!なんで⁉︎」
 
由乃ちゃんは、少し…いや、すごい興奮状態で、パニックになっていた。
 
由「ねえねえ翼、樹理華ちゃん‼︎鹿島‼︎どうしてだと思う⁉︎
 
大「え、えっと…」
 
由乃ちゃんの慌てっぷりに、鹿島さんは珍しく困った顔をしていた。意外な表情だ…
 
リ「落ちつきなさいな!」
 
由「うわっ!リーナ…様?」
 
リーナさんは、由乃ちゃんの頭をペシペシと叩いていた。
 
リ「リーナでよろしくってよ‼︎ていうか、色々説明させなさいな!」
 
由「あ、ああ、ごめん」
 
やっと落ち着いたのか、由乃ちゃんはホッと息をつき、リーナさんの言葉に耳を傾けた。
 
リ「おホン、ワタクシの力はヒーリングといいまして、苦しみや痛みを癒す事ができるんですのよ。」
 
由「え…?ってことは?」
 
リ「っ…ワタクシが、あなたにヒーリングを使ったんですのよ‼︎
 
由「おお!ありがとう‼︎リーナ!」
 
リ「フン、感謝なさいな?」
 
由乃ちゃんとリーナさんは、先程のようなピリピリとした雰囲気は消えて、喧嘩気味だけど、今ではすっかり仲が良いような雰囲気になっていた。
 
ユ「…チッ、また増えやがって!まあいいさ、ぶっ潰してやるよ‼︎」
 
ユウさんはニヤリと笑うと、あの毒の爪の手を由乃ちゃんに向けて構えた。
 
由「はーっはっはっは!その言葉はフラグよ、怪物‼︎さて、リーナ、どうやって戦えばいいの⁉︎」
 
リ「全く、少しは自分で考えなさいな…。」
 
由「えー!わかるわけないじゃん‼︎」
 
リ「はぁ…『武器でてくださいー‼︎』って念じてみてくださいな。」
 
大「…説明が大分おおざっぱだねぇ」
 
リ「お黙りなさい‼︎」
 
由「わ、わかったとにかく念じる、ね。」
 
由乃ちゃんは、目を瞑って『うぉおおおぉ‼︎武器出ろぉおお‼︎』と叫びながらお祈りをした。すると、由乃ちゃんの周りに舞っていた花びらが、弓の形になって集まった。
 
由「ぎゃー⁉︎なにこれぇー⁉︎弓がでてきたぁあああ⁉︎」
 
樹「ゆ、由乃ちゃん、落ち着いて…」
 
由乃ちゃんは再び興奮状態になってしまった。
 
由「ゲームのよりリアルで綺麗な弓だ‼︎あ、そうか!リアルだもんね‼︎でも花で出来た弓なんてすごい‼︎‼︎」
 
リ「…はぁ…耳障りですわ…。フラワーアーチェリーです。美しいでしょう?」
 
由「うん‼︎…よし、とりあえず、あいつを討てばいーのね!弓使ったことないから不安だけど…よしゃ!」
 
由乃ちゃんは、弓を構え、こちらへ向かってきたユウさんに向けて矢を討った。矢は、弓から放たれたると、矢の先が椿の花へと変化した。
 
由「ぎゃぁぁあ⁉︎矢が花に変わったぁあああ⁉︎」
 
翼「本っっ当うるさい」
 
ユ「…フンッ」
 
由「うわっ⁉︎」
 
けど、矢はユウさんにキャッチされて、ボキボキとへし折られた。そして、椿の花も手でぐしゃぐしゃにされてしまった。
 
ユ「あんだ?こんな攻撃が俺様に効くとでも思ったのかぁ?あん?
 
由「っ‼︎そんなぁ!やっぱり無理なの⁉︎」
 
リ「…ワタクシのだーーい好きな花を潰すなんて許すまじですが…想定内ですわ。」
 
由「え⁉︎どういうこと?」
 
樹「…?」
 
まるで、折られることを想定していたみたいな言い方だ…リーナさんは、何か策略があるのかな?
 
リ「うふふふふ?さあ?なんでしょうね?さ、自慢の毒の爪で攻撃してみなさいな?」
 
由「ちょ‼︎⁉︎リーナ、なに挑発してんの‼︎⁉︎」
 
ユ「…何を企んでやがる?」
 
リ「ふふっ、なんでしょうね?」
 
ユ「…チッ、その態度気に入らないぜ…じゃあお望みどおりに‼︎失せろ‼︎」
 
由「いやぁぁだぁあああ⁉︎」
 
ユウさんは、由乃ちゃんに勢いよく襲いかかる。
 
大「させないよ‼︎」
 
けど、鹿島さんは、由乃ちゃんを守るため、由乃ちゃんを庇い、ユウさんの攻撃を喰らってしまった。
 
大「うぐ…」
 
由「鹿島!鹿島!大丈夫⁉︎」
 
大「なんともないよ、こんなん、かすり傷だっての!」
 
翼「ま、まずいわね。あいつの毒にやられちゃったんじゃ…」
 
樹「…あ‼︎そうだ、あの毒は、死ぬほど痛い毒が…」
 
由乃ちゃんと違って、鹿島さんはダイレクトに攻撃を受けてしまっていた。火奈美ちゃんみたいになってしまうんじゃ…?ど、どうしよう⁉︎
 
大「…あれ?ねぇ、聞いた話、あの爪の毒にやられると死ぬほど痛い痛みがじわじわとくるんだっけ」
 
樹「え…」
 
鹿島さんは、傷を負いながらも、なんともない、へっちゃらという顔をしていた。
 
ユ「ど、どういうことだ⁉︎変身してようがしてまいが、俺様の毒は効くはずだ⁉︎何故だ⁉︎」
 
リ「オーホッホッホッ!目には目を、毒には毒を、ですわ!」
 
樹「え…?あ、そっか!」
 
椿には毒があると言われている。椿の毒はユウさんの爪の毒を消す作用があったんだ!毒には毒…毒は毒を消すから…。なるほど!
 
リ「うふふ、これであなたは毒を使うことができなくなりましたわね!まんまとワタクシの策略にハマりましたわね。野蛮な怪物さん?」
 
ユ「チッ…こいつ…まあいい、爪は使えるんだ、状況は変わりゃしないぜ‼︎」
 
リ「オーホッホッホッ‼︎甘いですわ!お花を舐めないでくださいな‼︎」
 
ユ「ああん?」
 
ま、まだなにかあるの…?
 
ユ「…うぐっ⁉︎手が青く⁉︎いたっ…‼︎」
 
ユウさんは、手を抑えながら苦しみだした。
 
リ「…ああ、よかった。怪物にも毒は効くんですのねー。」
 
大「え、どういうこと?毒には毒ってことは、椿の毒も消えてるはずじゃない?」
 
リ「おバカですね。あの野蛮な怪物は、思いっきり手の平でつぶしていたんですのよ?ですから、毒の効果は爪以外に、手にもでてしまったんですわ。うふふ…花を汚すと、こんな無様な目にあうんですのよ。おわかりいただけましたか?ここにいる方たち」
 
由「…うん。痛いほどにね。」
 
こ、今度からお花を潰さないようにしよう…あ、いや潰したことないけど。
 
ユ「ぐぉおおぉお‼︎」
 
樹「!」
 
ユウさんの体は、みるみる青くなっていき、やがて倒れてしまった。
 
大「…はっ、潰れるのはお前だったね、結局」
 
ユ「…チッ…」
 
鹿島さんは、ユウさんの近くへ行き、倒れているユウさんを見下ろした。蔑むかのように。…今の鹿島さんは、あの時のユウさんのように黒い笑顔だった。
 
ユ「ぐっ…この…」
 
倒れているユウさんをみると、顔には何もしていないはずなのに、やはり顔に傷がでてきた。
 
大「…!…⁉︎」
 
ユ「か、鹿島?」
 
今さっきまで黒い笑顔だった鹿島さんは、ユウさんの傷を見ると、どういうわけか、動揺していた。
 
大「えっ…そんな…嘘だろ…ありえない…え?え?」
 
マ「ダイチ君〜?どうしたの〜?」
 
大「い、いや、偶然だ…偶然だよ。だってありえない、あいつは今」
 
鹿島さんは、1人で何かをブツブツとつぶやきはじめた。
 
由「鹿島‼︎‼︎」
 
大「!」
 
由乃ちゃんの声で、鹿島さんは、はっとして、私たちの方へ視線を戻した。
 
大「…いやいや、悪いねー、こいつ、僕の嫌いな人にあまりにそっくりだったから…瓜二つかってくらいに。だから、取り乱しちゃって。本当すまんねー。」
 
樹「…嫌いな人…」
 
鹿島さんが取り乱してまで嫌う人…一体誰なんだろう? 
 
ア「大地ー、その嫌いな人って誰なの?」
 
樹「あ、アラルちゃん!」
 
ア「え?」
 
聞いちゃいけなさそうな事をアラルちゃんが聞いてしまった。ああ、鹿島さん怒るんじゃ…どうしよう、どうしよう!
 
大「…さぁ〜?誰だろうね?少なくとも、蒼野さんや精霊さんたちは絶対に知らない人だから、君らが知る必要はないよ。」
 
樹「…?」
 
ア「えー!」
 
よ、よかった…怒らなくって…
 
蒼野さんや精霊は絶対に知らない人…ってことは、由乃ちゃんや翼ちゃんは知ってるのかな…?
 
由乃ちゃんと翼ちゃんに目を合わせてみる。でも由乃ちゃんは、私が何で目を合わせたかはわからないようで、頭にはてなマークがのぼっていた。けど翼ちゃんは、私が目を合わせた理由がわかったのか、首を横に振っていた。
 
?「あああああああああああ‼︎⁉︎」
 
樹「ひっ⁉︎」
 
翼「…ゲッ、雷田先輩」
 
声のする方を向くと、そこには雷田先輩と………お兄ちゃん⁉︎
 
翼「…えっ、ちょっ、樹理華?」
 
樹「す、すいません、今は後ろに隠れさせてくださいっ」
 
翼「…いいけど」
 
勝「白川いたー‼︎‼︎しかも園澤もいるー‼︎」
 
翼「…えっ?な、なんで」
 
ソ「…翼?」
 
翼「…今変身しているのは由乃と鹿島だけ。今の由乃は普通の人には見えるはずがない。ってことは、この人も…」
 
勝「しかもなんだあれ⁉︎小さいの浮いてるし…なんか人倒れてんぞ⁉︎ああ、救急車呼ぶか⁉︎」
 
大「特殊な人間…ってわけだね。」
 
か、雷田先輩が⁉︎
 
翼「先輩、救急車は呼ばなくていいです。それよりちょっとこっち来てください。その隣の先輩も」
 
浩「…」
 
その隣の先輩…お兄ちゃんの事か。
 
 
 
 
 
 
 
 
勝「なあなあ、その浮いてる小さいのなんだ?しかも園澤とそこの茶髪の男子…名前はわかんねぇや、変な格好してんな。コスプレか何かか?」
 
由「違いますから!ああ、また説明するのめんどくさい!カット‼︎」
 
大「メタァ…」
 
かくかくしかじか…
 
勝「なるほどなるほど!よくわかったぜ!」
 
浩「…非現実的な話だな」
 
翼「でも、実際に由乃や鹿島は変身しているし、精霊もこの通り浮いているわけだから、信じるしかないと思いますよ」
 
浩「…」
 
大「ていうか、そこのメガネの人にも説明しちゃって大丈夫なわけ?」
 
…あ、そっか、お兄ちゃんは、精霊や由乃ちゃんたちが見えるかどうか…
 
浩「大丈夫だ。見えるから。」
 
えー⁉︎じゃ、じゃあお兄ちゃんもー⁉︎嘘⁉︎…ってことは、お兄ちゃんとも一緒に戦わないと…ああ、比べられるよ絶対…あわわわ、どうしよう‼︎⁉︎
 
浩「…それと、俺は蒼野  浩一だ。…一応、メカメカ部。」
 
翼「…あ、雷田先輩が強引に入らせた人か…。私は2年の白川  翼です。あの、雷田先輩がご迷惑をおかけしています。」
 
浩「…いや、大丈夫だ。それに、お前ら後輩も、こいつに苦労してないか?大丈夫か?」
 
翼「苦労してますが、問題ないです」
 
勝「お前らは俺の保護者と先公かーい‼︎」
 
大「…あのさー、コントしてないでさー。3年のお2人さん、どうするの?君ら、特殊な人間だから戦えることになってるけど、戦ってくれんの?どうなの?ねえ?」
 
勝「面白そうだからいいぜ‼︎‼︎」
 
即答だー‼︎‼︎‼︎⁉︎
 
浩「…俺は、勉強があるから、そんな暇はない」
 
あ…よかった。少し安心。
 
勝「なに言ってんだ浩一‼︎世界が大変なことになってるんだぞ⁉︎お前、人を救う仕事がしたいんだろ⁉︎」
 
‼︎か、雷田先輩がお説教し始めた…‼︎とめないと!あ、でもでれない…
 
浩「いや…俺は医者に」
 
勝「同じだ馬鹿野郎‼︎医者は誰かを助けるのが仕事‼︎じゃあ怪物と戦うのも誰かを助けるってことだろうが⁉︎違うか‼︎⁉︎」
 
翼「…また始まった。熱血演説…。うるさいのよね、アレ。仕方ない」
 
翼ちゃんは、持っていたカバンから鉄砲のようなものを取り出し、雷田先輩に向けて撃った。
 
勝「ぐはっ…」
 
バタッ
 
浩「えっ…」
 
翼「安心なさい、偽物だから、死んでないわよ。」
 
いや、そういう問題じゃないような…あれ?こういうこと前にもあった気が…気のせい?
 
大「…んで?結局そこの爽やかそうな顔して根は根暗のガリ勉のメガネはどうするの?早くしてよ」
 
由「ちょ、鹿島、相手は先輩なんだからそんな態度は…」
 
大「えー?わかったわかった、じゃあ蒼野先輩ー、どうします?」
 
『嫌だ』と言って…お兄ちゃん‼︎お願い…うう…
 
浩「…はぁ…わかった」
 
え⁉︎
 
浩「…どうせやらなきゃまた雷田にあーだのこーだのしつこく言われるしな…。ただ、俺は本当に勉強で忙しいからそんなには…」
 
ア「それでもいーよ!仲間増えるだけでも心強い‼︎」
 
う…嘘…お兄ちゃんが…一緒に戦う…?うわぁぁあ…比べられるよ…絶対…
 
ア「よかったね!樹理華ちゃん‼︎」
 
樹「うわぁぁあ‼︎アラルちゃんやめてぇえええ‼︎今話かけないで‼︎」
 
浩「ん?この声…樹理華?…あ、白川の後ろに隠れてた。…家にいないと思ったら、こんなとこにいたのか。」
 
樹「あ」
 
やばいまずいどうしよう…みつかった
 
樹「…こ、こんにちは蒼野先輩さようなら‼︎」
 
翼「え」
 
浩「⁉︎お前、なに言って…⁉︎」
 
私は翼ちゃんのもとから離れ、猛ダッシュでその場を去った。
 
ア「あ!待ってー!樹理華ちゃんー!」
 
リ「ちょっと、アラル⁉︎あなたまでどこかへ行かないでくださ…っ‼︎無視するな、ですわ‼︎」
 
由「…?蒼野先輩、樹理華ちゃんと知り合いなんです?」
 
浩「いや、知り合いというか…」
 
大「あー、僕白川さんと一緒にちょっと追ってくるねー。すぐ戻るよー」
 
翼「…何故私?まあ、構わないけど」
 
由「え⁉︎白川と鹿島⁉︎珍しいわね、その組み合わせ‼︎」
 
大「あはは、まあ、学校じゃあまり関わりないからねー、んじゃいくよ。園澤さんは、3年共とここで待ってて!あ、ユウのやつはそのまま放置!見張っといて!」
 
由「わかった!」
 
浩「…3年共…」
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
 
翼「…ちょっと、あんた足速いわよ。造っておいた折りたたみ式空飛ぶ円盤があるがあるから追いつけるものの…」
 
大「空飛ぶ円盤ってなに⁉︎なんで造ったの⁉︎てか現実世界で造れるの⁉︎」
 
翼「は?造れるに決まってるでしょ。馬鹿じゃないの?」
 
大「…馬鹿はキミだよ‼︎…はあー、まあいいや。ついていけるならそれで」
 
翼「…で、鹿島、樹理華を追うまででいいから、聞きたい事がいくつかあるんだけど」
 
大「んー?なにさー。あ、嫌いなヤツに関しての質問はナシね?」
 
翼「…わかったわ。じゃあ1つ目。どうして私が一緒なの?なんで由乃じゃないの?」
 
大「…逆に、何で園澤さんの名前がでてくるのかを聞きたいところだね」
 
翼「…さっき学校で、由乃はあなたの事を名前で呼んでいたから、仲良いのかと。」
 
大「…あー、あれか。仲良くはないよー。たまたま名前で呼んでただけじゃない?きっと。」
 
翼「じゃあ、何で今は『鹿島』って呼んでいるのかしら?さっきは名前で呼んでいたのに?」
 
大「………はぁ…ま、いいや。これはバレても。僕と…由乃は幼馴染なワケ」
 
翼「え…幼馴染?」
 
大「…そ。…ま、隠してたけど、君は噂を広めるような人じゃなさそうだし、バラしてもいいかなって思ってさ」
 
翼「…何で隠してたの?」
 
大「……いやねー?大金持ちのお嬢様と、いたって平凡な男子中学生が幼馴染だなんて…僕は嬉しいケド、由乃は恥ずかしいんじゃないかなって思ったの!だから、お互いに苗字呼びしようってことになっててね。…で、さっきの質問の答えだけど、理由は2つ。…僕単体で行ってもいいんだけども、僕、あの子に嫌われてるからさ。蒼野さんの友達1人は連れて行きたかったの。で、もう1つの理由は、今は由乃と2人きりになるわけにはいかないから。…あ、その理由も聞かないでね?」
 
翼「……注文多すぎ。ま、いいわ。…じゃ、2つ目の質問。さっき、あなたは初めて戦ったというのに、力を使いこなせていた。あれはなんで?」
 
マ「ああ〜それ〜ボクもきになってた〜」
 
大「え?ああ、あれはねぇ…勘だよ勘。」
 
翼「…ウソつくならもっとマシなものにしなさいよ」
 
大「えー、本当なんだけどなぁ。なんか知らないケド頭の中に戦い方が流れてきて…」
 
マ「あ〜!それはボクの力のせいだなぁ〜。ボクの察知能力は、どんなものでも『探す』ことが、できるんだよね~。・・・え~と、ダイチ君は察知能力で、ボク自身にに教えてもらわずに~、察知能力を使い~戦う力を知ることができた~…ってことだね~」
 
大「まじで⁉︎そういう能力だったの!?早く言ってよね!」
 
マ「あはは〜ごめん〜。ボク説明下手だから~。…で、その~、あの時は〜無意識に力が発動しちゃったみたいだね〜」
 
大「ほへー、なるほど」
 
マ「…まあ〜力が発動した理由は〜怒りの感情が爆発したせいだろうね〜。」
 
大「……………ふーん。…あ、蒼野さんみっけ!おーい‼︎」
 
樹「⁉︎か、鹿島さん⁉︎翼ちゃん⁉︎」
 
大「ヤッホ☆」
 
な、ななな何で追いつかれたんだろう⁉︎結構全速力で走ったのに⁉︎
 
っていうか翼ちゃん、なんか変な乗り物に乗ってるし‼︎
 
大「もー、何で逃げるのー?」
 
樹「ご、ごめんなさい…」
 
ア「樹理華ちゃーん‼︎」
 
樹「あ!」
 
鹿島さんたちの後に、アラルちゃんも急いで飛んできた。 
 
ア「もー‼︎心配したんだから!」
 
樹「ご、ごめんね!」
 
翼「…それにしても、何で逃げたの?あの先輩が原因なのはわかるけど…」
 
樹「そ、それは…」
 
言えないよ…だって、だって…
 
大「比べられるのが」
 
樹「え⁉︎」
 
大「優秀な兄とろくでなしな自分を比べられるのが怖かったから。
 
樹「…っ⁉︎」
 
大「…図星みたいだね」
 
…鹿島さんの言ってる事は、すべてあっている。そう、私は優秀なお兄ちゃんとろくでなしな自分を比べられるのが怖くて…逃げたんだ。
 
大「…あのね、蒼野さん。」
 
樹「…な、なんです?」
 
また何か言われれのだろうか。『また逃げたの?弱いね』とか『そんなだからろくでなしのままなんだよ』とか‼︎
 
大「誰かと自分を比べられたって、君は君なんだ。比べられたとしても、気にしなくて、いいと思うよ」
 
樹「…⁉︎」
 
鹿島さんが発した言葉は、私が想像していたものとは違った。まるで…慰めの言葉…?
 
大「それに、白川さんは知らないケド、ゆ…園澤さんは、人を比べるっていう馬鹿な事はしないし、あの雷田っていう熱血野郎もそういう事をするようには思えない。だから、きっと大丈夫だよ。」
 
翼「…私だって、しないわよ。そんな面倒くさい事。兄が天才だろうがなんだろうが、どうでもいいわ。樹理華は樹理華よ。」
 
樹「…!2人とも…」
 
大「…それと、君は被害妄想しすぎだよ。もうちょっと前向きに考えたらぁ?」
 
樹「鹿島さん…」
 
翼「…あなたでも、優しい言葉って言えるのね。意外ね」
 
大「えー?なになに?まさか僕が皮肉や嫌味しか言えない奴だとお思いで?ひどいなぁ、まあ、実際そうなんだケドね‼︎‼︎…じゃ、皆、園澤さんたち待たせてるし、戻るよ」
 
樹「あ…で、でも」
 
大「だーいじょぶだってば。さっき言ったとおり、園澤さんらは人を比べるようなことはしないし、比べられたとしても、君は君だからさ。そんな奴シカトだよシカト。」
 
樹「…鹿島さん…ありがとうございます。励ましてくれて」
 
大「…別に。僕は思った事をそのまま言っただけだし。じゃ、早く来てよね。みんな待ってんだからさ。」
 
樹「…わかりました。」
 
鹿島さんは、私たちに背を向けて公園へ戻っていった。…背を向ける時の鹿島さんの顔は、やはりどこか謎めいていた。
 
翼「……やれやれ、怪しい奴ね、鹿島って」
 
ア「それ!私も思う!でもなにか聞いても教えてくれなさそうだしなあ」
 
樹「…と、とりあえず戻りましょうか!待たせてしまっているのは事実ですし!…あ、翼ちゃん、迷惑かけてごめんなさい…」
 
翼「別にいいわ。…どこぞの馬鹿が言ってたもの。『友達なんだから迷惑上等当たり前』ってね。」
 
樹「え…?どこぞの馬鹿って、誰ですか?」
 
翼「…雷田先輩か、由乃のどっちか!」
 
樹「えー‼︎どうしてはっきり教えてくれないんですか⁉︎」
 
翼「私も少し謎めいた感じをだそうかと思って。」
 
樹「えぇー⁉︎」
 
ソ「…翼はお茶目 」
 
ア「あ、あはは…」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大「……フン、馬鹿だなぁ。……人の事…言えないくせにさぁ。…ま、いいや。励ましになったんなら……それで。」
 
ー続く。
 
はい、終わりました!
今回はセリフめちゃくちゃ多かったですん((
最近スランプになってまして…トホホ((
 
 
今回はリーナの画像です!じゃん!((
 

f:id:maimai981214:20150126183037j:plain

 
実をいうとリーナって、未知っていうオリキャラに若干似てるんですよね、髪型とか…髪の色とか…ドレス姿ってのもあるし…被りまくりだわ((
未「うううっ、ごめんなさい…」((
リ「わ、ワタクシ、三つ編みしてますもの!この方はしていませんわよ⁉︎」((
 
ではでは!最後までみてくださってありがとうございました!