読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイ ネーム イズ マイ

不定期更新しますですー

すべては無から始まった 番外編

あてんそん(^ω^)

・この小説はすべては無から始まったの番外編です!先にそっちを見ることをお勧めします!
・短編小説なのでお話は二つあります!お話ごとに主人公は違います!タイトルも違います!
・今回はやたらとセリフが多いです!
・話がめちゃくちゃです(いつもの事)



ー黒い心ー(主人公:ロンジェ)

「チッ、しくじったな・・・」

僕はロンジェ。現在脱獄中。よく勘違いされるが僕は女だ。決して男ではない。しつこいようだが男ではない。

で、今どういう状況かというと、あの名無しの魔族とはぐれてしまったのだ。最悪だ。

何ではぐれたかは・・・まあ、人間のせいだ。あの名無し、僕と会話した後すぐ寝やがったから、安全な場所に運ぼうとしたんだ。そしたら茶髪の人間に見つかってしまった。

・・・で、あの名無しを隠せたはいいものの、僕だけが追われちゃってさ。ま、戦いながら撒いたけど、それではぐれたんだよなぁ。


・・・で、今、はぐれたあいつを探してるんだけども、さっき隠した場所にいない。勝手にどっか行ったなぁ・・・。・・・はぁ。


「どきやがれぇ‼︎‼︎」

「あん?」

洞窟の奥から、白い髪の男がでてきて、僕に突進してきやがった。・・・が。

「あのさ、とりあえず落ち着け」

「ふがっ⁉︎」

とりあえず殴っといた。

ー数分後。

白髪の男は、僕に殴られた後、すぐ起き上がった。

「なにすんだよおめぇ‼︎」

「それはこっちのセリフ。なんだよいきなり突進してきて。」

「・・・チッ、うるせぇな。こっちは急いでんだよ!お前の相手をしている場合じゃなっ」

「ああん?」

 右腕だけを魔族の体に変化させ、化け物みたいな大きいで手攻撃した。

「ぎゃぁぁぁぁあ⁉︎」

よし、命中したな。これでおとなしくなったろ。

「・・・っ、お前、魔族か。」

「・・・ふぅん?わかるんだ?ま、目は赤いし、こんな化け物みたいな手だしね・・・なあに?怖いの?」

ちょっとこいつを馬鹿にしてみる。

「・・・別に?俺も似たようなものだからな。」

「・・・はぁ?」

男は、僕より一歩後ろに下がると、禍々しい紫色に光り出した。すると、男は人間の姿から、狼のようなライオンのような、紫色の魔物に変化した。

魔物は一度僕に吠えると、また人間の姿になった。

「・・・なにそれ、魔物まで人間の姿になれるっていうの?」

「・・・違う。あいつのおかげだ、こんな体になったのは。」

「あいつ?・・・あ、まさか、それって深緑色の髪をしてて、アホ毛たってて、赤い目をしたやつじゃなかろうな⁉︎」

「なっ⁉︎知ってんのか⁉︎」

「知ってるもなにも、今僕、そいつ探してるんだけど‼︎ 」

「‼︎・・・じゃあ、俺と目的は一緒だな」

「お、お前も探してるの?あいつを。」

一体なんの目的で・・・。

 「ああ。けど、そいつはもうここにはいないぞ。」

「は⁉︎どういうこと⁉︎」

「そいつは・・・川にどこかへ流されていったんだ。あの人間に追いつめられたせいで‼︎」

男の話によると、あの名無しは、人間に見つかってしまい、洞窟の奥の川に追いつめられてしまったようだ。で、この男は、名無しの闇を食らったせいで、人間に変身できるようになったと。

「にしても、闇を食らっただけで人間に変身できるようになるなんて・・・」

「・・・まあ、おかしくはねぇな」

「は?おかしくはないって、どういうことだよ」

まさか、全ての魔物は人間になれるの?どこかで聞いた妖精のように。

「・・・俺たち魔物は、生きているもの全ての心の闇から生み出される。そして闇は俺らの栄養源だ。俺はあいつの心の闇を食った。しかもかなり強大な・・・な。そのおかげで、俺は人間になる力を得たっつーわけだ。」

「・・・」

闇が栄養源・・・ねぇ。・・・そういえば・・・いや、考えるのはよそう。確証はないしね。

「・・・ちなみに、人間は魔物の生まれの事を全く知らない。んじゃ、話す事は話した。じゃあな」

男は一通り話すと、再び走って去ろうとした。けど、僕は呼び止めた。

「・・・まだなんか用かよ?急いでるって言ったろうが」

「・・・ねぇ、名前は?」

男は、僕のほうへ振り向くと、少し間をあけてこう言った。

「イルジェーだ。イルジェー・ブラックハート。」

「・・・そ、覚えておくよ」

「・・・てめぇは?」

「ロンジェ。苗字は忘れた。」

「・・・覚えておいてやるよ」

「ハッ、そりゃどうも。」

お互いに、ニヤリと笑い、僕たちは別々にどこかへと向かっていった。

イルジェーという男はあの名無しを探しに行くのだろう。

僕は・・・人間相手に1人でどこまでいけるかわからないけれど、助けてやるか。今現在捕らえられてる魔族を、ね。

ーーーーーーーーーーーーーーー
ー小さな××サマー(主人公:ジェルイア)

ロトがルトの家に泊まるようになって、約1週間経った後のお話。

「ジェルイア、これはいったいどういうことなんだぁ?」

「知らん、俺が聞きたい」

「・・・・・・」

「ロトのやつ、一週間くらい前からこの図書館にいるぞ。」

「合計120時間くらいな・・・(20時間×6)」

「・・・ふぅ!この図書館の本全て読み終わりました!」

「⁉︎お前、この図書館の本全て読んだのか⁉︎」

「兄さん、図書館では静かにしないとダメですよ!」

っ・・・、子供に注意された。ちょっと苛立ちが・・・。

「えへへ、自分の記憶を思い出せるように、色んな本を調べてたらあまりに面白くて夢中になっちゃって!でも途中で読めない文字もでてきたんだけど、それも自分で調べてそれも楽しくて特に歴史や神話や心理学が面白くて・・・」

ロトは目を輝かせながら、ペラペラと本への愛を語った。話長いな。ていうか小さい子供が歴史とか神話とか心理学とか読むのか普通⁉︎馬鹿なのか⁉︎ある意味⁉︎

「うへー?れきし?しんわ?しんりがく?面白いのかそれ」

「うん!面白いよ!ルト、読んでみてよ!」

「どれどれ」

ロトは、ルトに『六大神と創造神』という本を見せた。あれは神話か。・・・ルトは本を見ると、一瞬で気絶した。

「あれ⁉︎ルト⁉︎大丈夫⁉︎起きてー!」

「頭いてぇ・・・」

・・・天才な馬鹿(ロト)と、本当の馬鹿(ルト)・・・同じ年くらいだし、本当兄弟みたいだな。いや、兄弟というより双子に近い気がするな。いや、双子も兄弟だけど。

・・・兄妹・・・ふと王様のコスプレしてる男とその妹を思い出してしまった。ああ、またイライラが・・・‼︎

「に、兄さん?何か怒ってない?」

「はっ!い、いや怒ってないぞ!」

しまった、顔にでてたか。危ない危ない。・・・こいつらに俺に関してのことを探られたら困る。落ち着け、俺。

「・・・にしてもロト、図書館にこもりすぎだぞ。たまには運動とかしてみたらどうだ?」

「えっ!運動って⁉︎」

「んー、そうだな」

せっかくだし、魔法とか使わせてみるか?図書館の本を全て読んだなら魔法の知識もあるはずだからな。魔法は、俺の専門分野だし、教えられることはあるだろう。





ー10分後
ルトはおつかいがあるため、俺らと別行動になった。

「あの、兄さん、ここはどこでしょうか」

「町の近くの草原」

「えーー⁉︎なんでこんなところに⁉︎」

「運動、もとい魔法の実践」

「えーーー⁉︎」

「図書館で魔法の本とか読んだろ?」

「よ、読んだけど‼︎いきなりは無理だよ‼︎」

・・・言うと思った。気弱でネガティブなロトらしいな。だが、いつまでもそんなんじゃ、ネガティブなままで何も変わらない。記憶も戻らない。もしかしたら知識を得る以外にも魔法を実践することで記憶を取り戻せる事もあるからな。

ただの勘だけど、もしかしたらこいつは何か大きな存在かもしれないし、少しこいつの正体に興味がある。だから一刻も早く記憶を取り戻させないと。



「じゃ、はじめはファイア、アクア、サンダー等の初級魔法からな。呪文唱えてみろ」

「わ、わかった!ファ、ファイア!」

ロトは本でみたとおりに構え、呪文を唱えたが、火の粉がでるだけで、特に何も変化はなかった。

 「・・・やっぱり、無理だよ、僕に魔法なんて・・・」

ロトは涙目になって俯いてしまった。

「一回失敗してるだけで諦めるなよ、ネガティブ真面目っ子」

「ネ、ネガティブ真面目っ子って?」

「後ろ向きでばk・・・真面目だから、ネガティブ真面目っ子だ。

「ええ⁉︎」

馬鹿って言おうとしたことは内緒だ。

「ほら、もう一回やってみろ」

「う、うう・・・わかった。アクア!」

・・・ロトは再び呪文を唱えたが、シャボン玉がでてきただけだった。そしてそのシャボン玉はあっという間に消えた。

「・・・やっぱり無理なんだぁぁあ‼︎」

「あ、おいっ!」

ロトは泣きながら走って町に帰っていった。

「・・・ったく、」

子供相手に、ちょっと無理させたかなと反省する。

・・・はぁ、俺らしくないな。他人にしつこくお節介するなんて。・・・今のがキクにみられたら、絶対に・・・

『馬鹿にされるって?』

「⁉︎」

背後から、俺の大嫌いな声が聞こえた。だが後ろに王様のコスプレをしたあの男はいなかった。

幻聴か・・・いや、幻聴であってくれ、頼む。今まで人やあいつらを避けてきた俺が、他人にお節介をやいているなんて知られたら、どんな事を言われるか・・・。ああ、想像しただけで腹が立つ‼︎‼︎

キクの場合、『わー、ヴァルクロイアって以外と優しいんだね!ツンデレさんなの?』って嘲笑しながら言うだろうし、ワガママドS凶暴女は『うわー、あんた、意外とやっさしいところあるのねー?普段は他人なんかどうでもいいとか言ってんのにぃ〜?へぇ〜?』って見下しながら言うだろうし、ハラルは・・・・・・・・・うん、何も言ってこないだろう、あいつはあのドS兄妹とか違うからな。うん。


・・・一応あたりを見回す。ウザ神やあのワガママドS凶暴女やハラルの気配はどこにもない。よし、大丈夫だ、問題はない。


ドォォォン‼︎‼︎
『ぎゃぁぁぁあ‼︎だずげでー‼︎』

「っ⁉︎」

爆音と共にルトの悲鳴が聞こえた。ルトはこちらへ向かってきた。一体なにがあったというのか。

「ジェルイアー‼︎だずげでー‼︎」

「なにがあったぁぁぁ⁉︎」

「ロトがやばい‼︎とにかくやばい‼︎」

「ロトが⁉︎」

あいつになにがあったんだ⁉︎




ルトに引っ張られ、俺はロトがいる場所、町の入り口へと辿り着いた。

するとそこには悲惨というかなんというか、とにかく惨い光景が広がっていた。

辺り一面が焼け野原になっていて、30代くらいの中年の男性が、1人の少年にボコボコにされていた。

恐ろしいと思えるほどのプレッシャーを放っている少年は、青く、黒く光った目で、狂気を纏った、おぞましい笑顔で


「奪われる方が悪いって言いましたよね?じゃあ、あなたの大切なものを奪ってあげますけど、それは奪われた方が、あなたが悪いんですよね。構いませんよね?」

「っ・・・」

30代くらいの中年の男性が、少年に胸ぐらを掴まれていた。男は『ごめんなさい』と答えると、少年に投げ飛ばされていった。

少年はこちらを振り向くと、いつもの・・・優しい表情のロトがいた。だけど、今はその優しい表情に恐怖を感じた。

「あ!兄さん!」

「・・・ロト、これは一体どういうことだ?」

「え?えっと・・・この人、酷いんだよ!ルトのドーナッツとおつかい用のお金をひったくって・・・」

「お、お、お、俺が『返せ馬鹿野郎ー』ってあのおっちゃんに言うと、『奪われる方が悪い』って、い、言ってそれで」

ルトのやつ、何かに怯えているのか、言語があやふやだな、大丈夫か・・・?

「ルトがドーナッツとお金を取り返そうとしたんだけど、跳ね返されちゃって・・・怪我しちゃって・・・」

よく見ると、ルトの顔や腕にあざがあるな。・・・後で治癒魔法かけてやるか。

「で、僕、この人が許せなくて、ルトの代わりに、無我夢中でドーナッツとお金を取り返したんです!ほら!」

ロトは『やりました!』という顔でドーナッツと小さい財布を両手で挙げて見せた。

「・・・無我夢中で・・・って、一体なにやったんだ?ロト」

「え?なにやったって・・・え⁉︎あれ⁉︎辺り一面焼け野原になってる⁉︎あれ?男の人がいない⁉︎なんで⁉︎」

ま、まさか自分のやったことを覚えてないのか⁉︎

「なにがどうなってるんですかー⁉︎」

「覚えてねーのお前⁉︎あのおっちゃんを殴ったり蹴ったり踏んだりとんでもない魔法バンバン使ってここらへんを荒らしたりとにかくやばいことたくさんしてたじゃねーか‼︎」

・・・だから言語・・・。

って、魔法?・・・さっきは魔法を使えてなかったのに、使えたのか?・・・一体、どんな魔法を・・・?初級魔法はあり得ない。ファイア程度じゃ、最大限の力でも辺り一面を焼け野原にするのは絶対不可能だ。・・・初級魔法をうまく使えないというのに、上級魔法でも使えるのか?こいつは。

「ええ⁉︎僕が⁉︎あり得ない、僕にそんな事できる勇気と力はないよ‼︎」

「嘘だぁぁあああ‼︎」

「嘘じゃないよ‼︎信じてよ‼︎」

・・・えーっと?まとめると、

・30代の男性はルトからドーナッツとお金をひったくった。

・ルトはそれを取り返そうとしたけど出来なかった。

ルトの代わりにロトは男から無我夢中でドーナッツ等を取り返した。だが無我夢中でやった時の記憶はあまり覚えてない、と。

「あ、ああ、どうしよう、また記憶がなくなったのかなぁ・・・」

「あ、そういや記憶喪失だったなー。すっげぇ忘れてたぜ」

忘れてたんかい

「・・・ロト、とりあえず家へ帰れ、疲れてるだろ?」

「え、いや」

「疲れてるだろ?」

「・・・は、はい。じゃあ失礼します・・・」

ロトはトボトボと俯きながら家へ帰っていった。




「・・・ひゃー、ジェルイア、強引に家に返したなー?」

「ばれたか」

ルトは馬鹿のクセにヘンな所で感が鋭いんだよな・・・俺の正体もバレないかと、不安でしょうがない。

「・・・にしても、本当に怖かったぜー、あいつ。もしかしたら本気で怒るとああなるのかもな。」

「ああ、少ししか見ていないが俺もわかった。・・・あいつはもう二度と本気で怒らせちゃいけない」

「・・・だな、気をつけようぜ、ジェルイア」

「・・・おう」


あいつは、やっぱり俺の勘どおり、何か大きな存在であることは間違いない。

・・・少ししか見ていないが、小さいくせに人間1人を投げ飛ばす力、あの青く黒く光った目、狂気を纏ったおぞましい笑顔。恐ろしいと思えるほどのプレッシャー・・・




あれはまるで・・・小さな魔王だった。

ー終わり

今回はロンジェとイルジェーのお話と、ジェルイアのお話を書きました!

ちなみにジェルイアを主人公にしたのはロト以外に主人公が務まりそうなのがいなかったからです
ルト「ひでーぞ‼︎俺が1番主人公っぽいのにー‼︎」
ロト「作者は、1番主人公っぽいのは主人公にしたくないみたいだよ。」
ルト「ひでー‼︎‼︎」
マイ「だってツマラナイじゃない」

次はなにを書くか迷ってますが、2月といえばバレンタイン、バレンタインといえばとあるキャラの誕生日なのでその子らのお話を書こうと思ってます!とあるキャラっていっても、ロトリトなんだけどね…またかよって思った人ごめんなさい(^_−)−☆((

…あ、そういやもう1人2月生まれの子いるんですけど、その子のストーリーとか絵とか書いてないや…
ラ「書きなさいよ‼︎ロトリトも書くんならあたしのも書きなさい‼︎てか今更遅いのよあんたぁ‼︎何日経ってると」
σ^_^;…

ではでは、最後まで見てくださってありがとうございました!
ラ「逃げんじゃないわよ‼︎ムキー‼︎」