読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイ ネーム イズ マイ

不定期更新しますですー

Hope possess

今朝の話。今日もいつも通り、大騒ぎだった。

「あの子は見つかったんですか⁉︎・・・あぁ、そうですか。」

母親と父親は、朝っぱらから大慌て。色んな所へ電話している。

「どこにもいないって・・・ああ、本当にどこにいるの?」

「・・・大丈夫さ。あの子はきっと、いや、絶対無事さ。・・・仕事が終わったら、俺たちも探そう」

「ええ、そうね」

・・・馬鹿な大人たちだな。1年も探して見つからないんじゃ、無事なわけないじゃない。

あの子・・・僕の兄、鹿島  優介がさ。

・・・まあ、僕としては、このまま見つからない方が、ありがたいのだけどね。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
ユ「チッ、何で俺が何回も‼︎」

ミ「はぁあぁ?ユウが弱いからに決まってるじゃないの。ミレーナがいけば絶対勝つって!」

ユ「あぁ?てめぇ、あの弱々しい女に負けてんじゃねぇか、あん?

ミ「うるっさーい!黙りなさい!」

ヒ「・・・俺の近くで耳障りな喧嘩するな」

ミ「う、うぐぐ、ミレーナ悪くないもん‼︎てか、そんなところにいるヒロが悪い!」

ヒ「・・・ったく、俺のおかげで、お前らは助かってんだ。ちょっとは感謝しろ」

ミ・ユ「頼んでないわよ!/ねーよ!」

ヒ「・・・ったく。マジでうるせー。」

ユ「・・・っ、そういえば、ヒロ、てめぇはいつもいつもギリギリな所で俺らを助けんだろ?・・・気になったんだが、あのままやられたら俺らはどうなるんだ?消えるのか?」

ヒ「・・・ああ、消えるさ。存在すら、な。」

ミ「なっ⁉︎嫌よ!そんなの!」

ヒ「・・・だが、俺たちは人間を絶望させないと生きていけない。結局動くしか、ねーんだわ。そのためには、あの精霊と人間が邪魔ってこった。何とかしてこいよ。」

ミ・ユ「上等‼︎」

ヒ「・・・お前ら仲良いな」

ユ「はぁ?誰がこんなチビと‼︎」

ミ「誰がこんなデカ男と‼︎」

ヒ「・・・・・・」

ユ「っ‼︎黙るなよ‼︎もういい、もっかい俺が行く‼︎」

ヒ「お前、まだ完全に回復してねーだろ。」

ユ「るせぇ‼︎挽回だ挽回‼︎・・・あ、ヒロ、今回は一切手助けすんじゃねぇぞ。俺1人で片付ける。」

ヒ「・・・勝手にしろ。あ、ミレーナは行かないのか?」

ミ「・・・今回はいーや。・・・何か、戦う気分じゃないし。」

ヒ「・・・そうか」

ーーーーーーーーーーーーーーーー
翼「完成よ」

翼ちゃんは、汗だくになりながら、デザインが可愛く、小さい時計型の機械をみんなに見せた。

翼「これは時間を止めることができちゃう、優れものよ。」

樹「嘘ですよね」

翼「ええ。嘘よ」

リ「じゃ、じゃあ、一体コレはなんですの?」

翼「そうね。どんなに難関な鍵でも簡単にこじ開けられる、時計型のマスターキーとでも言っておこうかしらね。ちなみにパソコンのロックとかも、簡単に開けられちゃうわ」

由「なにそれすごい」

翼「ただ、一つだけ開けられないものがあってね、それは人の心の鍵・・・なんてポエマーみたいな事を言ってみる。あ、仕組みについては、企業秘密ね」

勝「へいへい」

・・・本当にどうなってるんだろう。その時計型のマスターキー。

ガラッ

突然部室の引き戸が開く音がした。

大「やっほい、メカメカ部のみなっさーん。蒼野さんはさっきぶりだね」

樹「え、あ、はい」

今の鹿島さんは、先ほどみたいに怒っている様子はなく、いつものように明るく不気味な鹿島さんだった。

由「・・・鹿島、何の用?」

大「おホン、あのね、学校の近くにでたよ。か、い、ぶ、つ、が。

「「⁉︎」」

私を含め、皆はいっせいに驚いた。

大「なにを驚いてんだか。マッドと僕の力くらい、ご存知でしょうに。」

翼「確か、探す能力・・・」

大「そそ。ま、誰なのかは特定できませんでしたが、これは行くしかないでしょ!」

リ「そうですわね!あの野蛮な方たちを早く倒して、元の体に戻るんですわ!」

由「・・・鹿島、その怪物が、ユウだったら、どうするの?」

大「・・・」

由乃ちゃんの質問に、鹿島さんは一瞬無表情だになった。けどすぐに笑顔になり、答えた。

大「・・・その時はその時だよ。んじゃほら早く。先行ってるよ。

鹿島さんは、口笛を吹きながら部室を去っていった。

由「・・・はぁ、本当仕方ないわね。じゃあ行くか。」

勝「俺らも行くぜー!」

浩「おい勝手に・・・まあいいや」

ーーーーーーーーーーーーーーーー
鹿島さんに案内され、私たちは学校の近くの廃虚に辿り着いた。

そして、みんなはそれぞれのパートナーの精霊の名前を呼び、変身した。

ア「大地!怪物はどこに⁉︎」

大「落ちつきなさんなって。後ろにいるよ。でしょお?ユウクン」

鹿島さんは、ニヤリと笑うと、大きな瓦礫に指を指し、爆発させた。

ユ「チッ」

爆発した場所からは、言ったとおりユウさんがでてきた。

ユ「ばれてやがったか」

大「まあね」

由「・・・昨日みたいに、暴走はしないのね」

大「そりゃ、まあ、あん時はあん時だよ・・・今日こそはぶちのめす。君らは手をださないで。」

由「う、うう」

ユ「あぁ?てめぇよぅ、なんで俺だけに喧嘩腰なんだぁ?」

大「キミが知る必要はないよ。んじゃ、いくよ!ストーンタックル‼︎」

鹿島さんは呪文を唱えると、大きな石を召喚し、ユウさんに向かって投げた。


ユ「はっ、んなの切り刻んでやる!」

ユウさんはその石を言葉どおりに切り刻んだ。

大「チッ」

リ「わ、ワタクシたちは、見る事しか出来ないんですの?」

翼「下手に手を出したら、巻き添えを喰らうわよ」

ソ「・・・うん。」

勝「・・・んー」

皆が黙って見ているしかない状況の中、雷田先輩は、1人なにかを考えこんでいた。

樹「先輩?ど、どうしたんですか?」

勝「・・・いやー、ユウだっけ?あの男、どっかで見たような気が・・・あ、いやでも、ユウは目つき悪いからあの人とは別人か。あの人はつり目でもタレ目でもないし。」

樹「・・・?」

ーーーーーーーーーーーーーーーー
約1年前に遡る。

僕は鹿島  大地。この田舎な中学校に通う、ごく普通の男子中学生。

この中学校は、僕の兄、鹿島  優介が卒業した中学校。
兄は後輩たちによく慕われているようで、卒業した今でも、結構有名だった。・・・実はというと、兄が通ってた学校には、本当は通いたくなかったんだけど、近い中学校はここしかないしね。

・・・僕は兄と同じ新聞部に入った。理由は兄が入っていた部活だから、とか、そんな理由じゃなくて、ただ単になにかを調べたり他人の弱点を握ったりするのが好きだからだ。我ながら酷い理由だと思うよ?うん。



入部時、僕は新聞部の先輩方に、作り笑顔で元気に明るく挨拶をした。

「1年の鹿島  大地です!よろしくお願いします!」

部員は、女子しかいなくて、1年生も僕しかいなかった。
まあ、他の1年はほとんど運動部の方に行ったし、幼馴染である由乃は、同じ1年の白川  翼が作ったメカメカ同好会の方に行っちゃったし。

あーあ、女子だらけのところで、やっていけるのかなぁ。と、思っていたら、女子の1人が『キミ、優介先輩の弟さん?』と聞いてきた。
『違う』とウソをつきたいところだけど、ばれた時がめんどそうなので、素直に『はい』と返事した。・・・今思えば、ウソをつけばよかったな、と思うよ。

2、3年生たち先輩は、『優介さんの弟だ』と嬉しそうにワイワイ騒ぎ出した。

・・・あーあ、だからこの学校は嫌だったんだよ。

小学1年の時から、いっつもそうだった。どいつもこいつもあいつもそいつも僕の事を『優介さんの弟』としか呼んでくれない。
唯一僕の名前を呼んでくれるのは、嫌いな家族や幼馴染の由乃だけだ。

・・・まぁ、酷い事されてるワケじゃないし、由乃がいてくれるし、別に構わないんだけど。


ただ、『優介さんの弟』という、いらない飾りを、無理矢理つけさせないでほしいな、できれば。・・・こんなこと由乃以外には言えないけど。




由「大地ー!」

気まずい部活が終わり、帰ろうとしたら、由乃が僕に話しかけてきた。

由「一緒に帰らない?今日は火奈美も翼も、部活終わるの遅いから。あ、翼はいつもの事だけどね」

大「お、いーよ、いーよ!かーえろ!」

下駄箱から靴を取り出し、履こうとした時、自分のロッカーから一枚の手紙が落ちてきた。

由「なになに?『大地君へ』って書いてある!まさかラブレター!?」

由乃はニヤニヤしながら手紙をじっとみてきた。

大「そんなわけないでしょって。」

ラブレターだとしても、由乃以外のを受け取る気は毛頭ないわっ。

大「でもハートのシールが貼ってあるし、これは・・・」

由「??」

手紙の封を開けてみる。そこには予想していた文章が可愛い文字で書かれていた。

『大地君へ

大地君、お願いがあるの!大地君は優介先輩の弟さんなのよね!じゃあ優介先輩のメアドや連絡先、聞いてきてくれないかな?もし、聞けたら2年1組の山本まで、お願いね!
                                                                 山本』

ほーら、やっぱり。僕なんかを好きになってくれるヤツなんて、いるわけないってんだ。小学5年の時もそうだった。下駄箱に手紙が入ってたから、ラブレターかなあと思いきや、優介さんの事教えてって内容だったし。


大「・・・しゃーない、聞くか。」

由「あ、いいの?」

大「仕方ないでしょって。先輩の言うことを聞かなかったら何をされるか。しかも女子はほとんどネチネチしてるから、無視したらどんな嫌がらせされるか。ああ恐ろし。」

実際小学4年の時に、一回だけ女子に逆らって、酷い目にあった事はある。

由「・・・大変ねー。お兄さんが有名だと」

大「まあねー。じゃ、さっさと帰ろうか。」









家に帰宅した。両親は仕事の都合で深夜までおらず、いるのは高校から帰ってきた兄だけだった。

優「あ、大地!おかえり。」

兄は相変わらず、のほほんとした笑顔で話しかけてきた。

大「・・・」

本来僕は兄はあまり好きじゃない。むしろ嫌いな方だ。理由はだいたいわかるでしょ。
・・・嫌いだけど、兄と同じような笑顔を作って、言った。

大「ただいま!ねえ兄さん!今日ね、僕にこんな手紙が届いたの!

兄に山本という人から届いた手紙を渡した。

兄は、困ったな、という表情をしながら、『ごめん、こういうのはちょっと。』と参っていた。

・・・モテない男子から見たらムカつくよね。こういうの。いや、僕はモテてもモテなくても、どっちでもよいのだけども、お前(兄)のために利用されてるこっちの身にもなって欲しいものだよね。

大「んー、そっか、そうだよねぇ。ごめんね兄さん!」

優「ううん、というか、俺もごめんな、何か」

いつも思うけど謝るくらいなら教えてよ。女子先輩に事情説明するの結構大変なんだよ。わかる?わからないだろうねぇ。ああ、ウザ。

大「大丈夫!じゃあ僕は部屋で休むね!疲れちゃったし。」

優「うん、わかった。」

僕は兄のもとから去り、自分の部屋のベッドに横たわって、そのまま寝た。

ー続く。

はい、終わりましたー( ̄▽ ̄)

今回は大地君がメインでした、ハイ

だんだん樹理華の出番が減ってきている気がする・・・主人公大地でいい気がしてきた・・・
樹「ひ、ひどいですー‼︎‼︎」
大「主人公かー、まあ、悪くはないかなー♪」

次回も大地がメインになるかと思われます!ではでは、最後まで見てくださって、ありがとうございました!

ところでどうでもいい話なんですが、期末テストにでてくる数学の内容が全く理解出来ませんどうしよう(サインコサインとかまじわけわかめだわだから図形なんて嫌いなんだ)((