読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイ ネーム イズ マイ

不定期更新しますですー

ツタージャ撫でたい(関係ねえ)

新境地(ロークオリティ)

今回は世界観統一じゃー
新キャラいます((


新境地です。カオスと共にある人向け、奇跡が地雷の人には向かないバトンです。
数字にキャラでもなんでも好きな名前を当てはめてあとは自己責任で行きましょう!場合によってはBLGLキャラ崩壊などの不都合が訪れますのでご了承を。
→の先は感想およびその他なんでもご自由に。

【1】やもり
【2】しうん
【3】ほむら
【4】ジン(New)男
【5】いちは(New)女
【6】うるる(New)女
【7】みち
【8】ゆきな
【9】そらの
【10】あまの

 

手抜きですが始まります。

 

1:【4ジン】は自分の旅行の写真すべてに連れていっていないはずの【3ほむら】が写りこんでいるのを発見する。
→ジン「ほむらさん、なんで連れていっていないはずのあなたが写っているのでしょうか。1分で理由を述べよ」
ほむら「や、そもそもなんで俺だけ連れてってくれなかったの!?」
ジン「質問に質問で返さないで下さい。議論が成り立ちません」
ほむら「えええええ、これ議論なのまじかよ」

2:【7みち】に見せるために【9そらの】が引きずってきた珍獣の檻の中には気絶させられた【1やもり】が。
→そらの「みちー、見てみて面白そうな獣が」
みち「え?わ、わぁぁ!?なんですかその獣!?って、檻の中で刃守が!?」
そらの「ああ、倒れてるな。…あ、この獣連れてるの飽きた。どっかいけー。」
みち「ええ!?あんな危ない子放しちゃってよかったんです…?」
そらの「しーらね。…ああ、みちといるの飽きた。じゃー、また楽しくなった頃に…」
みち「…ええええええ…」(ぽかーん

3:【4ジン】の運転する車で遠出。【6うるる】は隣で乗り物酔い中の【2しうん】を眺めるのに忙しい。【8ゆきな】は助手席で運転妨害。
→ジン「シートベルトをしっかりと着用してくださいね。」(運転

しうん「(き、きもちわるい、ぞ…吐き気がするぞ…)」
うるる「ひっく…ひっく…苦しそうに酔ってる紫雲、可愛い。ひっく、もっと苦しそうに…あ、体を大きく揺らしたら…う、うふふふ、ぐすっ」

ゆきな「真夏ですし暑いですよね、クーラーつけてくれないので私自ら涼しくします。」
ジン「嫌がらせでしょうか。」(左腕がカチンカチンに凍ってる

4:特に理由のない【5いちは】の顔面肘鉄が【9そらの】を襲う!
→いちは「く~ら~え~。」
そらの「さ~せ~る~か~。」(避ける
いちは「あ~…」(くるくる回ってる
そらの「…いちはの真似飽きた。かーえろっと。」
いちは「…ふぇ~」(こける

5:寝ている【3ほむら】に悪戯しようとして【10あまの】に阻止される【8ゆきな】。
→ゆきな「ふふ、誰にも顔を見せたくなくなるくらい恥さらしに…」
あまの「ゆきなー!タイムタイム!!ダメだよ!」
ゆきな「えー。」
ほむら「・・・ZZZZZ」

6:【7みち】と【2しうん】の罰ゲームを賭けたポーカー一騎打ちを全力(妨害気味)で見守る【5いちは】と【6うるる】。
→しうん「(未知!!負けるものか!!)」
みち「罰ゲームだけは勘弁だよ!!」

いちは「が~ん~ば~れれ~」
うるる「ぐすっ…罰ゲーム…全裸で森の中10周…拒否権は、認められ、ない…ぐすっ…どちらも女の子だから尚更恥ずかしいし嫌だよね、ひっく、ひっく」
いちは「うるちゃん考える事こわ~い」

7:その場のノリで【1やもり】と婚約してしまった【10あまの】。
→あまの「刃守君の馬鹿っ!結婚して!!」
やもり「頭冷やしてください」

8:恋人の【3ほむら】が【8ゆきな】と浮気している現場を目撃する【5いちは】。
→ほむら「な、なななな、なんで俺がお前と一緒にいなきゃ!!」
ゆきな「あら、冷たい対応ね、焔。フフフ」

いちは「わ~あの2人がイチャついてる~。みんなに言っちゃおう~」

9:【2しうん】の何気ない一言で【10あまの】がヤンデレルートに入り、無関係の【7みち】が【4ジン】を巻き込んで逃避行する羽目になってしまう。
→しうん「……」
あまの「うん?どうしたの紫雲ちゃん。」
やもり「さっき、未知と空野さんが楽しそうにお出かけしてた、だそうです。」
あまの「…え。」


あまの「未知ちゃん!待ってよ!一緒に鬼ごっこしようよ!」
みち「目が怖いです!!!天野さん!!」
ジン「あの、何故ボクまで連れていかれるんでしょう、なるべく2分以内に述べてくれると嬉s」
みち「少し黙って!!ジン君!!」

10:血だらけの【1やもり】を担いで学校を早退する【6うるる】。
→うるる「ぐす、何で私が、こんなきれ…汚いモノを…運ばなきゃ…いじめだ、虐めだよ、全部私におしつけて、全部私が悪い事に、みんなみんな、あはっあはははははは」(ブツブツ
やもり「ぅ…」

11:【5いちは】と【4ジン】のリア充コンビと死闘を繰り広げる【9そらの】。
→いちは「さぁ~今回ばかりは協力だよ~仁果~」
ジン「わ、わかりました、姉さん。」

そらの「…いいねえ、きょーだい仲がよく……羨ましがるの飽きた。」
ジン「な、何故あなたはすぐ飽きるのですか!40文字以内で答えなさい!」(つるのムチ
そらの「お前のカタイ質問飽きた。お前と話すのも飽きた。一人称「お前」にしてるのも飽き…」(りゅうのいぶき
ジン「あなたのその飽きっぽさはなんとかならないのですか!?いい加減になさっ…うあああああ!!」(瀕死
そらの「毎日毎日お説教、飽きた。…帰ろう。」
いちは「…ふぁぁあ、終わったかな~?」(何もしてない
12:【2しうん】をめぐり今日も繰り広げられる【3ほむら】と【1やもり】のドタバタに、フォロー担当の【7みち】は胃が痛い。
→ほむら「紫雲!ちょっと用事あるんだけどいいか!」
やもり「紫雲さん、少し用が…」
しうん「(何だ?ほむら!!)」(真っ先に焔のとこへ向かう
やもり「(…見向きもしてくれない)」(シュン

みち「だ、大丈夫かなー、あの3人」(棒

13:【6うるる】の話を聞いているとすぐに熟睡してしまう【10あまの】。
→うるる「むか、し、昔、あるところに、ひっく、ひっく、ももたろうが…鬼に寝返って世界を征服して…ひっく、ももたろうは鬼に裏切られ、島の外に放り出され溺死…ぐす、ぐす。」
あまの「…全く別のお話になってるよぉ…zzzz」
うるる「…だって私の好きな、ように、変えてるもん、ぐすっ、うるるの好きはみんな嫌いなんっ…ぐすっ」
あまの「…zzzz」
うるる「うう、誰もうるるの話聞いてくれなっ…ぐすっ」

14:【9そらの】は親友【8ゆきな】の宿敵である【2しうん】に片思い中。
→そらの「ああ、愛しの紫雲さん、僕はあなたが愛おしすぎてたまらない。」
しうん「…っ!?」
ゆきな「空野君、あなたは紫雲ちゃんの味方をするのですか!?あなたは私の親友だと思っていたのに!」
そらの「…く、僕は戦わねばならないのか。この2人の間で。」
しうん「(そ、空野、今のはプロポーズか!?)」
ゆきな「プロポーズなのですか!仕方ありませんね、ならば空野君、あなたから先に片付けなければ。」
そらの「よっしゃ!愛する方のためならば、俺は何度でも戦うっ!!…の飽きた」
しうん「!?(ええええええええ)」

15:【6うるる】の書いた【3ほむら】への果たし状は手違いで【1やもり】の元に届き【7みち】のせいで凝ったラブレターだと思われてしまう。
→うるる「…今日こそ、ほむらいじめる。ぐすっ」

みち「やもり!手紙きてたよ!」
やもり「手紙?なになに『今日こそキレイなあなたの心をブレイクする』…なあにこれ。」
みち「ハートのシールが貼ってあったから、もしかして…」
やもり「ラブレター…?いやいや、ないない。なにかの手違いでしょ」
※手違いです
16:絶望気味の【8ゆきな】に無自覚に追い打ちをかける【10あまの】。
→ゆきな「………はぁ」
あまの「ゆきな!ほむらにロリコン疑惑浮上してるみたいだよ!!」
ゆきな「…え?」

17:屋上で「【6うるる】―――――ッ!大好き―――――ッ!」と叫ぶ【9そらの】を見てしまった【5いちは】。
→そらの「うるる―――――ッ!大好き―――――ッ!」
いちは「…え、空野君ああいう泣き虫な子がタイプだったんだぁ~意外~」
そらの「ああ!!大好きすぎてたまらなっ…!飽きた、かえろ。」
いちは「…飽きるの早いねぇ~」

18:【10あまの】は記者の【3ほむら】と【4ジン】に【1やもり】についてどう思うか連日聞かれ続ける。
→あまの「あ、あの、何か御用ですか?」
ほむら「えー現場のほむらです。さっそくですが、うちの弟子についてどう思いますか?」
あまの「え、ええ?えっと、今日のところはお引き取りください…」
ジン「わかりました。では失礼します」

あまの「今日は来ないよね…」
ジン「えー、現場の仁果です。さっそくですが刃守君についてどう思っていますか?」
あまの「またきたぁぁぁっぁぁぁぁ!!?」

19:【8ゆきな】【7みち】【4ジン】はハイキング中、自分たちが遭難していることにうすうす感づいてはいるが言い出せない。
→ゆきな「あの、ジン君、この道、本当に…?(さっきと同じ道を辿っているような気がする…)」
ジン「ええ、間違いありません。(どうしよう、今更不安なんて…)」
みち「だ、大丈夫です!頑張って歩いていればきっと…!!(何時間も歩いて疲れた…)」

一同「(…遭難してるよね、これ。)」

20:【2しうん】は殺人事件の犯人が【5いちは】であることを突き止めるも、被害者の【9そらの】が実は死んでいないことに気づいてしまった。
→しうん「(空野を殺した犯人は一葉!!お前だっ!!前々から怪しいヤツだと思ってた!!)」
いちは「刃守く~ん、お願い」
やもり「空野さんを殺した犯人は一葉さんだそうです」
いちは「え~私、身に覚えがないよ~」
しうん「(しらばっくれてもムダだぞ!!証拠はちゃんとあるんだからな!!)」
やもり「証拠はちゃんとあるんだからな。」
いちは「へぇ~見せてよ~証拠。」
しうん「(いいだろう!!では、いくぞ!!)」

そらの「君らなにしてんの?」

一同「…」

いちは「…紫雲ちゃ~ん、見せて欲しいな。証拠」
しうん「(い、命拾い、したな!!覚えていろ!!)」
やもり「…敵キャラの捨て台詞じゃないですか、それ。」

終了です。

回しますか?フリーですか?
→フリーで^す。


以上です。お疲れ様でした。

新キャラ3人くらいだしました!出したい衝動に駆られたんだお((
軽く紹介しておくと↓
一葉  いちは 女 
おっとりとした子でほわほわとした笑顔が特徴。一切怒ったり泣いたりしない。

ジン 男 
本名は違うが周りからはジンと呼ばれている。真面目で堅実。○分以内に、○○字以内で述べよが口癖。根拠がない言葉を聞くと怒る。

雨涙琉 うるる 女 
いつも泣きながら不気味に笑っている子。なにか言うとすぐ泣き出すので相手にするとかなり面倒臭い。

初登場がキャラ崩壊のってどうなんだろう…((
一「馬鹿だねぇ~」

 

URLこちらです!
------------------
エムブロ!バトン倉庫
http://mblg.tv/btn/view?id=58928
------------------