読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイ ネーム イズ マイ

不定期更新しますですー

うちの子らが悪戯しにいきます。

クロバ「今日はハロウィンね」
 
ミドリハ「…だ、な。」
 
クロバ「今日は私、紫と黒のドレス着てるわ。いわゆる、お姫様のコスプレよ。ブラック調の。」
 
ミドリハ「…魔王だぞー…クロバ…」
 
クロバ「ミドリハ!✨似合ってるわよ、魔王のコスプレ!」
 
 
 
 
アザメ「……なあ、お前らみせつけてんの?リア充なの?おい、爆発しろよ…」
 
クロバ「うっさいのよあざらし。黙ってなさい」
 
アザメ「……(´Д` )」
 
クロバ「さて、今日はハロウィン!トリックオアトリート‼︎お菓子をくれなきゃイタズラするわよっ‼︎」
 
ミドリハ「イタズラする」
 
アザメ「なあ、菓子くれなかったらどうなるんだ?」
 
クロバ「地獄に落ちる」
 
アザメ「へ⁉︎」
 
クロバ「嘘よ」
 
アザメ「なんだ嘘か…」
 
クロバ「半分は」
 
アザメ「…は?」
 
クロバ「そうそう、今回はあたしら2人…あ、違った、3人で」
 
アザメ「今2人つったよな⁉︎明らかにミドリハと二人っきりでなんかする予定だったろ⁉︎」
 
クロバ「うっさいわね‼︎参加させてもらえるだけありがたく思いなさいよっ‼︎アザメの癖に生意気ね‼︎」
 
アザメ「…泣きたい。」
 
クロバ「さて、本題に戻るわよ!今回はあたしら3人で、あんたたちにイタズラしn…お菓子を貰いにいくわよー!または、あげちゃうわよ!」
 
ミドリハ「…お菓子、くれる人、連絡…もといー、コメント…くださ…」
 
アザメ「…あ、実際にあげなくていいんだからな?言葉だけでいいんだからな?わかってると思うけど」
 
クロバ「…あ、でも、そのー、まあ、ぶっちゃけ、あたしとミドリハってそんなに出番ないし、メジャーなキャラでもないじゃない?あ、アザメもだわ。ごめん、存在自体忘れてたわ」
 
アザメ「なあ、叩いていい?」
 
クロバ「女の子殴るなんてサイテーね!だいたい、あんたみたいなやつがあたしに勝てるとでも思ってるわけ?」
 
アザメ「ごもっともです。」
 
クロバ「ったく、あんたのせいで話脱線してんじゃないの!で、本題に戻るわ!…これはできたらでいいのだけど、あたしたち以外の誰かにお菓子貰いたい場合、あるいはイタズラしてほしい場合、「◯◯君になんとかしてあげるー!」っていうのも、書いてくれるとありがたいなー!って!あ、複数あってもいいのよ!むしろ、あった方が嬉しいかしら。」
 
アザメ「例えば、『クロバからケーキ貰いたい』とか、『クロバからイタズラされたい』とかか⁉︎」
 
クロバ「…うわ、キモ」
 
アザメ「んなっ‼︎⁉︎」
 
ミドリハ「…クロバのケーキ、ほしい。イタズラ…?…別に、クロバから、なら、構わない、けど」
 
クロバ「あら、ケーキ?いいわよ、作ってあげるわ。って、イタズラ⁉︎し、しないわよ!さすがに!//」
 
アザメ「……(´・Д・)…」
 
ミドリハ「…という、わけで、よろしく、頼む。…では、さよなら…の前に、ショートストーリー、作ったらしい、から、それも、どぞ。」
 
 
 
ー流行りー
 
ヨツバ「…トリックオアトリートメント?」
紅夏「ぶふぉっ‼︎‼︎ヨツバ君、なにそれwwwトリートメントwあっははははwwww」
ヨツバ「え、違うの?ハロウィンの時、お菓子ほしい時はこう言えば貰えるって聞いたんだけど…」
紅夏「ああwwそれ、間違ってるからwww」
ヨツバ「んなっ⁉︎」
紅夏「バカだねー、いやあ、本当にwあははははwww」
ヨツバ「わ、笑うなっ‼︎」
紅夏「はい、トリートメントwwどうぞww」
ヨツバ「いらないよ‼︎」
 
 
 
ファイ「ちょっとイタズラしてみました。」←情報源
 
リア充第2号ー
ビュルア「ノリでフランケンシュタインの格好したとはいえ、このままなにもしないのは癪だな…あ、リヴだ、おーい」
リヴ「あ、ビュルア!トリックオアトリートです!」
ビュルア「え⁉︎菓子…あ、ない…」
リヴ「そ、そうですか…じゃあイタズラしなきゃです…」
ビュルア「うげ、イタズラってなにすんだよ…加減しろよ?」
リヴ「う、うぅ…」
ビュルア「あ?どした?顔真っ赤だぞ、どうしt…」
リヴ「…で、では、さようなら‼︎///」
ビュルア「………」
 
 
 
レマ「セリフだけでリヴがビュルアになにしたか分かった人は天才だよん。ちなみに答えは…ご想像にお任せねw」
 
 
スフレ「ネズミ君!トリックオアトリートです、お菓子あげます!
紫「…普通、そのセリフを言った方が、お菓子を貰うんじゃ?」
スフレ「まあまあ、いいじゃないですか!えへへ、チーズケーキ、ですよ‼︎」
紫「…‼︎」
スフレ「あら、どうしました?苦手でした?」
紫「…や、むしろ、好き…」
スフレ「…え(あれ?チーズ苦手って聞いたから、イタズラで、あえてチーズケーキ渡したんですけど…あ、あれれ?)」
紫「…♪」(もぐもぐ
 
 
ー甘ったるいより恐いものー
アウォー「どこもかしこも、甘ったるい匂いが充満してる……気持ち悪い…」
ザッハ「甘いもの苦手な人にとってバレンタインやこの日はキツイですよねー、お気持ち、わからなくもないです。」
フラウィア「ねぇねえ、お花型のケーキ食べる⁉︎」
アウォー「…‼︎(寒気がっ‼︎)」(逃げ
フラウィア「あれ?」
ザッハ「アウォーさんなら避難しました」
フラウィア「避難ー?」
ザッハ「はい、彼は甘いもの苦手ですから。ところでそのケーキは…」
フラウィア「えへへ、私が作ったんだよ!」
ザッハ「……あ、死ぬな。これ」
 
ーカップルもどきー
 
ラルディ「トリックオアトリート!お菓子をくれなきゃイタズラするわよぉ‼︎」
キク「きみ、いつもお菓子食べてんじゃないのさ…太るよ。」
ラルディ「黙れ!さっさとよこしなさい!」
ミュア「まあまあ、今日はハロウィンですし、いつも通りお菓子あげれば?」
キク「はあ、まあ、いいけど。」
ラルディ「早くしなさい!でないとイタズラするって、言ってんでしょ!」
キク「…💡!…ねぇ、イタズラって、なにするの?」
ラルディ「は?」
キク「俺、気になるなあ。お前がどんなイタズラするのか。はは、お前のことだから、さぞかしおこちゃまみたいなイタズラなんだろうね?」
ラルディ「な、んなわけないでしょ‼︎」
キク「じゃあ、やってみなよ?ほうら」
ラルディ「っ…‼︎受けてたとうじゃない‼︎」
ミュア「あれ、これなんか始まる雰囲気?」
ラルディ「くらいなさいっ‼︎」(ポカポカ叩いてる
ミュア「わ、本当におこちゃま並みだ‼︎」
ラルディ「うるさいわね!こいつに鞭は通用しないから仕方なくよ‼︎」
キク「あははー、まあ、物理も俺には通用しないのだけどね。」
ラルディ「う…」
キク「にしても、この程度とは。俺の妹にしては、つまらないなあ…」
ラルディ「っ…黙りなさいよ…」
キク「ねぇ、もっと面白いことしてよ。ほら、ね?」
ラルディ「っ‼︎⁉︎‼︎⁉︎」
ミュア「壁ドンキターーー‼︎」
ラルディ「なななななななんな…のよ‼︎」(プシュー
キク「あはは、顔真っ赤だね。」
ラルディ「ううう、うるさいわね!」
ミュア「…これ、兄妹なんだよね?なんだかカップルみたいねー…
キク「え、この子とカップルだなんて…死んでも嫌だよ…。」
ラルディ「右に同じよ‼︎」
ミュア「へいへい」
 
ー結局くれないんかい‼︎ー
※さっきの続きです
クロバ「ミドリハ、ケーキ作ったわ!パンプキンケーキ!は、初めて作ったから、不安だけど…//」
ミドリハ「……」(もぐもぐ
クロバ「…どう?」
ミドリハ「…美味い」
クロバ「わあ‼︎よかった‼︎」
アザメ「な、なあ、クロバ、俺には…」
クロバ「はあ?あるとでも思ってんの?」
アザメ「な、ないの⁉︎あ、わかった!あとでこっそりくれたりするんだよな⁉︎なあ、そうだよな‼︎そうだって言ってくれよ⁉︎」
クロバ「ない」(即答
アザメ「ぁぉぁおぁぁぉぁぁぁあああああああ」
ミドリハ「…」(もぐもぐ
 
その後、アザメは何日も部屋に閉じこもりましたとさ。
 
クロバ「…(ちょっと言いすぎたかしら…素直にあげればよかったかも…)」
アザメ「誰でもいいから、パンカス程度でもいいから、ちょっとくらいなんかくれたっていいじゃねーかぁ…なんで俺、毎回毎回扱いが酷いの……。・゜・(ノД`)・゜・。」
ミドリハ「…乙。…あと、ナイフ危ない、から、しまえ。」
アザメ「…やだ…。」(スッ🔪
ミドリハ「…おい、これ、以上、部屋赤く、してどうするんだ…」((