読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイ ネーム イズ マイ

不定期更新しますですー

第二回!!クリパ!!

ーとあるクリパー

紅夏→紅「」  ヨツバ→ヨ「」 アザメ→ア「」 ザッハ→ザ「」 ナイメア→ナ「」 ペルーノ→ぺ「」

カーネ→カ「」 ラルディ→ラ「」


紅「メリクリ☆ってわけで!クリスマスだよっ☆きゃっぴーん!」

ヨ「…テンション高くていいね」

紅「当たり前っ☆待ちに待ったクリスマス☆だからっ☆」

ア「んー、ケーキ作ったけど、チョコケーキでいいかねえ」

ヨ「…!?何故貴様がここにいる!!」

ア「ええっ!?」

紅「ちょ、よっちゃんよっちゃん、キャラ変わってるって」

ぺ「楽しそうだな!!オイラも混ぜて!」

ナ「プレゼントよこしやがれ!!wwww」

ヨ「…ねえ、なんか面倒くさいのがぞろぞろ…なんで」

紅「ま、わかる人にはわかるメンツだよねえ☆」

カ「お邪魔しますにゃ!」

ラ「来てやったわ!!」

ヨ「…あ、肘掛と団子」

カ・ラ「あ?」

ナ「肘掛wwww団子wwwww」

ぺ「ん?どこにあるんだ?肘掛と団子なんて」

カ「バカペンギン!それ以上言ったらシメるにゃよ!!」

ぺ「なんでえ!?」

紅「まあ、わかる人にはわかるあだ名だよねえ☆」

ヨ「…で、こんなぞろぞろと、なんかすんの?」

紅「だっから☆クリパだってえ☆いつもお世話になってる人たちへ☆クリプレを☆渡すのさ!☆」

ヨ「…いつもお世話になってる人たちって誰に」

紅「わかる人には、わかるっ☆読んでる人も察してよね☆」

ヨ「はあ?」

紅「まあ、その前に、ここにいるみんなでプレゼント交換しようよー!せっかくだから!去年みたいに!」

ヨ「…ああ、あれか」

※詳しくは去年のクリスマスのアレをご覧ください


ザ「あはははhhhhwwwww」

ア「お前どうした」

ザ「うるさいwwwこんな日はテンション上げないとwwwやってらんねえんですwwww」

ぺ「うわ、ぶっ壊れてる…」

ヨ「非リア充の末路か…」

紅「wwwwww」

 

 

紅「説明!私、紅夏→ヨツバくん→ザッハ君→カーネちゃん→あっざめーん→団子ちゃん→ぺんちゃん→ナイメア君で時計回りにいっくよー!あ、並び順は
適当になってますよ!プレゼント開ける順番もこれだから☆特別な意図はありまてんっではでは!!!!るうううううれっっっとすたああああああっっとおおおおおお!!!」

ナ「うるせえ」

ア・ラ「(あだ名に悪意を感じる)」

ー数分後ー

紅「はい!というわけでオーブン!あ、違う、オープン!…お?…きゃあ!?びっくり箱!!!」

ザ「はい、それ僕ですw」

紅「うっそー☆まじ?きゃー、もう、最悪だよう…クリスマスにびっくり箱なんて!!なにも得しなああい!」

ザ「…僕が普通に用意するとでmmmmmmmmm」

ア「…なあ、大丈夫か?」

ザ「なんにも問題はありまssssssssss」

ナ「ダメだこいつ」


ヨ「…僕か。変なもの入ってないよね?…あ、招き猫だ」

カ「それはあたしにゃ!!ふっふっふ!どうにゃ!!」

ヨ「うわ…不幸を招かないか心配…」

カ「はあ!?どういう意味にゃそれ!!」

ヨ「あ、いや、誤解しないで、悪気があって言ったわけじゃ」

カ「こいつやっぱり冷たいにゃ!あんときから変わってないのにゃ!」

ヨ「…はあ」

紅「誤解されやすいよっちゃんでした☆」


ザ「次はぼbbbbb僕でssssかkkkk」

ア「た、頼む、こいつを刺激させるようなもんはでないでくれ!!」

ぺ「オープン!」

ザ「あはははhhhすのおおどおむだああああみてみtttt男の人と女の人がいちゃついttttttt」

ア「うわああああ!!ダメだこりゃ!!」

ザ「ひひひhhhhあhhhhhhhhたしsssssきもちわrrrr」

※その後、ザッハ君は保健室(?)に行きました

紅「ちなみに、あのスノードーム私のなんだけど…うまく相互交換になっちゃったねー。まあいいや。仕返しになったしww」

 

カ「ふん、次はあたしにゃね!……にゃ?ヨーグルトと…果物…あ」

ぺ「ん?どうしたカーネ…お!それオイラの!」

カ「…予想してたにゃ、うん」

ナ「ケケっ、アホがバカにプレゼント貰って喜んでるぜー」

カ「黙れにゃ」

ぺ「バカじゃねーもん!!!」

 

ア「次は俺だな!んー…わ、アップリケ!?!?え、ええ、しかも三つ葉の!?!?え!?!?クロb」

ヨ「チィっ!!!!!」(怒り爆発してる

ア「…あっ」

カ「…お互いドンマイにゃ」


ラ「団子ちゃんってなによむかつくわね!!まあいいわ!でなさい!宝石!!…ん?あら、わたあめじゃなーい。甘いものは好きよ」

ナ「あーあ。こいつに当たっちゃったぜ。まあいーや。」

ラ「なによ、どういう意味よ」

ナ「…甘いもの嫌いな奴にあたればいいなって思ったのに…」

紅「最低だね☆」


ぺ「次はオイラだな!!なにがでるかなあああ!!お?鉱石が入ってる!」

ヨ「…金属に加工する前のじゃん…」

ラ「はんっ、このあたしからクリスマスプレゼントを貰おうだなんて10億年早いのよ!!あげただけでも感謝なさいっ!」

全「…うわあ」

ラ「な、なによ、冗談に決まってるじゃない!はい!イチゴケーキ!!これで満足?」

ぺ「わーい!!やったあ!オイラそんなにイチゴ好きじゃないけど!!」

ラ「…えっ」

ぺ「んん?」

カ「…にゃ(汗)」


ナ「で、次は俺様だろー?残りはこいつか…あんま期待しないでおくか」

ア「おいっ」

ヨ「…」

ナ「あ?なにこれ。飴がいっぱい」

ア「あ、わりい、そっちじゃない。こっちな」

ナ「な、なんなんだ…」

ア「ま、まあまあ、うっかりミスだから許してくれよ…」

ナ「で、開けていい方は…、こっちも飴かよ!」

ア「あ、またミスった!!ちくしょー、プレゼント箱15個あるから紛らわしいわっ!!」

ヨ「…なんでそんなに箱いっぱいの飴を14箱も?」

ア「ああああ、るせー!!あ、これだ!はい!!」

ナ「…あ?マフラーだ。…いらねー…」

ア「いらねえってなんだよ!!」

ナ「だあって俺様もこもこだもーんwwwwww」

ア「ちくしょうっ」

 

 

紅「ってわけで☆クリパでしたー!!」

ヨ「…あ、作者からメッセージだ。…みんなメリークリスマス!楽しもうZE☆…だってさー。」

ナ「みんなって誰だよ」

ア「さ、さあ?」

ラ「早く家帰ってケーキ食べたいわ!!」

ぺ「太るz」

ラ「死ね」

ぺ「あぅぐっ」(踏まれる

カ「にゃ…これ以上ぐだってもしょうがにゃいし、さっさと終わりにするにゃよー。」

ザ「そうですねー。」

紅「あっれれー、もう大丈夫なのんっ?」

ザ「ええ、大丈夫ですよ。お見苦しいところをお見せして申し訳ございませんw」

紅「…ふーん」(スノードーム見せる

ザ「あhhhhhhひひいいいしnnnn」

ア「おい!!な、なにやってんだ!!」

紅「いやあー、ちょっとした悪戯心さ☆許してよぉ?きゃーぴんっ☆」

ヨ「…そ、それでは、みてくれてありがとうございました」