読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイ ネーム イズ マイ

不定期更新しますですー

再び!2

第2回です!!!今回はクズ…じゃない、アザメとミドリハというキャラでやっていきます!こいつら、三角関係ですwwwww((

1.お名前、愛称をどうぞ。
ア「……アザメ。アザメ・レット・トルテ」
ミ「ミドリハ」
 2.名前の由来はありますか?
ア「片目にアザがあるから「アザメ」らしい。」
ミ「クローバーの、緑の葉と、俺の髪色が、同じ、だから。ミドリハ」
 3.あなたの出てくる作品のタイトルを教えてください。
ア「That Februay…つってもそっちは俺らはそんなにでないから…正しく言えば番外編の方だな。」
ミ「…同じ。まあ、他にも、色々」
 4.内容はどんなものですか?
ア「んー、どうだったかな?That Februayの方は魔族が苦しむお話…かな?クククククwwww」
ミ「…番外編、俺と、アザメと、クロバの話、は…悲しい、お話」
5.その中でのあなたの位置づけは?
ア「んー?少なくとも、味方ではないな、ククッ」
ミ「…じゅーよーじんぶつ…」
 6.絵、漫画、小説、その他。主な公開場所を宣伝してください。
ア「小説っていっても、そんなに出番ないから…」
ミ「…同じく」
 7.性別は何ですか?
ア「男!みりゃわかんだろ」
ミ「…男」
 8.年齢は?
ア「番外編じゃ22。That Februayじゃ30かな」
ミ「…ノー…コメント」
 9.身長はいくつですか?
ア「180くらい」
ミ「190」
ア「こんのやろぉぉぉぉぉ…」
ミ「…睨まれた」
 10.では、体重は?
ア「言うかバーカ!」
ミ「…」
 11.その他サイズ設定などあればどうぞ(スリーサイズなど)
ア「!?」
ミ「……」
 12.髪の色と髪型を教えてください。
ア「茶髪。前髪(?)にちょっとメッシュいれてるぜーっ」
ミ「…緑髪。常にフード被ってる、から」
 13.目の色は?一重?二重?つり目?タレ目?
ア「目は黄色!」
ミ「目は…赤」
ア「クロバは青色だったから、俺ら3人揃ったら信号機だぜ…揃わせたくねーけど」
 14.肌の色はどうでしょう?
ア「ちょっと黄色い…」
ミ「普通」
 15.その他身体的特徴があればどうぞ(顔に傷、獣耳、など)
ア「…片目にアザがある。…そんだけ」
ミ「…フード被ってる」
 16.声優をつけるなら誰、というのはありますか?
ア「柿原さんがいいなって言ってる」
ミ「…未定」
 17.チャームポイントは?
ア「メッシュいれてるーっ」
ミ「…フードについてる、ニコニコマーク」
 18.では、コンプレックスは?
ア「…片目のアザ」
ミ「……」
 19.一人称、二人称、三人称を教えてください。
ア「俺、お前orてめぇ、お前ら!」
ミ「…俺、お前(または貴様)お前達」
 20.口癖はありますか?
ア「しらねっ」
ミ「『魔族なんて…』とよく言っている」
ア「…ハッ、てめぇは『うーうー』ってよく言ってんだろ!」
 21.種族は何ですか?
ア「人間!!」
ミ「…がおー…」
ア「答えろよ!?」
 22.誕生日と星座を教えてください。
ア「10月10日!天秤座」
ミ「…3月24日、らしい。牡羊座。」
 23.血液型は?
ア「O」
ミ「…がおー…」
 24.家族構成を教えてください。
ア「お、お父さんと、お母さんと、ザ、ザ、ザッハ(弟)」
ミ「…子供、いる。…あと、姉が、いる。嫌われてる、けど」
 25.ペットなどはいますか?
ア「ハムスターなら飼ってた。死んじゃったけど。」
ミ「…いない」
 26.職業は何ですか?
ア「…他人には言えない様なやつだから、パス」
ミ「……」
 27.趣味・特技を教えてください。
ア「最近は料理にハマってるー!特技はこうみえて球蹴り!」
ミ「…子供の、面倒を、見るのは好きだぞ」

ア「ロリショタコンですかー?w」

ミ「……」

ア「無視かよ!!」
 28.料理は得意ですか?苦手ですか?得意な料理などもあれば教えてください。
ア「あんま得意じゃねーけど、出来ない事はない」
ミ「…料理をしようと、すると、止められる…」
 29.得意な武器は何ですか?それとも素手?
ア「ナイフ…だけど、本領は…ククッ」
ミ「…色々ある。…1つは…鏡」
 30.得意な魔法、特殊能力などはありますか?
ア「地、光、魔法!特殊能力ねぇ…サルクちゃんさんに貰った魔法を無効化する能力っていうのならある」
ミ「…感情を具現化、する、後は様々」
 31.では、苦手な物は?
ア「魔族!大っっ嫌いだね!!」
ミ「…苦手な奴なら、いない、ことは、ない」
 32.戦いのときは前線に出ますか?それとも後方支援?
ア「…俺は一人で戦ってるからなー、どっちでも。」
ミ「…あまり戦わない」
 33.Sですか、Mですか。
ア「しらねー…」
ミ「…」
 34.ボケとツッコミ、どちらかというと?
ア「ツッコミじゃね!?」
ミ「…」←ボケ
 35.暑がりですか、寒がりですか?
ア「暑がりかな」
ミ「…」
 36.体を動かすのと頭を働かせるのはどちらが得意ですか?
ア「深く考えるのはあんま好きじゃねーや」
ミ「…同じ」
 37.熱血とクールではどちらでしょう?
ア「さあ?どっちでもねーや」
ミ「…」
 38.というと、言葉数は多い方ですか?少ない方ですか?
ア「ま、普通じゃねーの?」
ミ「…話かけられない、限り、喋らない」
 39.字は綺麗ですか?汚いですか?
ア「…ふ、普通だよ」
ミ「…人の、文字は、難しい…」
 40.お風呂派ですか?シャワー派ですか?また、どこから洗いますか?
ア「ノーコメ」
ミ「…ざっぱー…ん」
 41.潔癖症?ずぼら?
ア「ず、ずぼらかなー?」
ミ「…アザメの、部屋、クロバの、写真…一杯」
ア「言うなぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」
 42.憧れている人物は誰ですか?
ア「サルクちゃんさんかな。あの人強いし」
ミ「…グル」
 43.あなたの一番大切な人を教えてください。
ア「クロバ!!あ、本人に言うなよ!?はずいから!!」
ミ「…クロバ」
ア「…おい、クロバに気安く近付くなよ」
ミ「……」
ア「無視すんなよ!!」
 44.好きな食べ物、嫌いな食べ物を教えてください。
ア「好き嫌いはないけど、缶詰をよく食べてる。…あ?体に悪い?…しゃーねーじゃん。」
ミ「…葉っぱ」
ア「は!?共食い!?」
ミ「…冗談」
 45.好きな飲み物、嫌いな飲み物は?
ア「缶詰のシロップ…」
ミ「…」
ア「な、なんてな。そんなわけねーだろバーカwおめーはどうなんだよw」
ミ「…抹茶ー…」
 46.好きな色と、嫌いな色は?
ア「黒!青!緑!」
ミ「…同じ」
ア「はあ!?何で同じなんだよ!」
ミ「…クロバの髪が、黒、だし、目は青色、だし、あいつの好きな、クローバー、緑、だから」
ア「ムキィィィィ理由が俺と一緒とか!!冗談じゃねええええええ!!てめぇ!!表出ろ!!」
ミ「……」
ーしばらくお待ちくださいー
 47.好きな本と、嫌いな本は?
ア「ぜぇ、ぜぇ、あまり…読まない」
ミ「…絵本」
 48.好きな花と、嫌いな花は?
ア「クローバーだな!!あ?花じゃない?知るかよ、んなこと。」
ミ「…クローバー。…タンポポも、好き」
 49.好きな季節、嫌いな季節は?
ア「好きなのは秋!嫌いなのは冬」
ミ「…冬。嫌いでも、あり、好きでも、ある」
 50.好きな音楽、嫌いな音楽は?
ア「ノリノリな曲とか」
ミ「…魔王、という、曲が、ある、らしい」
ア「確か子供を誘拐するっていう曲だったような…ハッ、お前、本当あの曲にぴったりだよな!!魔王さんよ!!」
ミ「…」
 51.好きな種族、嫌いな種族は?
ア「魔族なんて!!大っっっ嫌いだ!!奪う事しか出来ない種族なんだからよ!!」
ミ「…どう、だろうな。」
 52.その他で好きな生き物、嫌いな生き物は?
ア「魔族以外の生き物なら全部好きー」
ミ「…クロバー…」
ア「おいっ!!」
 53.では、好きな異性のタイプ、嫌いな異性のタイプを教えてください。
ア「ク、クロバみたいに……優しい人」
ミ「…同じ、く。」
 54.同性のタイプではどうですか?
ア「…はあ?しらねーし、俺…同性の友達…いねえもん。」
ミ「…友達、なら、アザメ」
ア「はああ?お前と友達だなんて反吐がでるわ!!」
ミ「…大丈夫、か?吐きそう、なら、紙袋、が」
ア「いらねーよ!!」
 55.同性愛についてはどう思いますか?
ア「えぇ…」
ミ「…」
 56.今まで好きになった人数・付き合った人数は?
ア「い、1回。…付き合いまでは、その、いってない…」
ミ「…どっちも、1回、ずつ?…クロb」
ア「ふしゃあああああああああああ!!」
ーしばらくお待ちくださいー
 57.何フェチですか?
ア「ねーよっ!!」
ミ「……」
 58.好きになったらどうなりますか?
ア「い、今でもす、すす、好きだし、あのあのえっと」
ミ「…?」
 59.告白した回数はどれくらいですか?
ア「…ね、ねえよ。0だよ。フンッ」
ミ「…1回」
ア「え!?」
 60.告白された回数は?
ア「あったら…こんな思いしてねーし」
ミ「…1回」
ア「……えっ?な、なぁ、それってクロバじゃ…ないよな?」
ミ「…………」
 61.顔と性格、どちらが大事ですか?
ア「性格!!!!!!!!」
ミ「…性格」
 62.愛とお金ではどちらが大事ですか?
ア「愛だと思う!!!」(キリッ
ミ「……」
 63.恋愛と友情ではどちらが大事ですか?
ア「れ、恋愛…だと思う!だって…うぅ」
ミ「…どっちも、というのは欲張り、か」
ア「ハッ、さすが傲慢」
ミ「…」
 64.というか今好きな人いるなら言っちゃえYO!
ア「クロバ。…い、言うなよ?本人に」
ミ「…クロバー…」
ア「チッ!!!!」((
 65.では、逆に嫌いな、憎い相手などはいますか?
ア「魔族とか魔族とか魔族とか魔族とかこいつとか」
ミ「……」←こいつ
 66.あなたを属性でいうと何?(ツンデレ、幼なじみ、妹など)
ア「はあ?しらね。」
ミ「……」
マイ「おほん、アザメはヤンデレツンデレ(クロバの前だけ)幼馴染、ミドリハは天然、高身長、以上!」
 67.あなたを属性でいうと何?(炎、雷、闇など)
ア「地!光!」
ミ「…神属性以外、全部」
ア「!?ま、まじで!?」
ミ「…」
ア「無視すんな!!」
 68.出身地を教えてください。
ア「ノーテっていう商業都市…だったんだけど、とある魔族が町を滅ぼしたんだと。あーあ、残念。ま、町の人らは避難したから無事だけどなーw」
ミ「…魔界」
 69.今まで行った中でお気に入りの場所はどこですか?
ア「クローバー畑!クロバがよく連れてってくれた!!」
ミ「…クロバのお家」
ア「……えっ?」
 70.これから行ってみたい!というのは?
ア「…クロバんとこ。…あははっ」
ミ「…賑やか、な、とこ。」
 71.では、二度と行きたくないというのは?
ア「せ、狭いとこ?」(閉所恐怖症
ミ「…地獄…」
 72.これにだったら命をかけられる!というものは何ですか?
ア「クロバ。」
ミ「…クロバや、ヨツバ。」
 73.今、一番欲しい物は?
ア「物じゃないけど…クロバが」((
ミ「…心」(ボソ
 74.もし今100万円(に相当する額)あったら、何に使いますか?
ア「クロバに全部やる!あいつの店赤字だもん。」
ミ「…クロバに」
 75.では逆に、多額の借金を背負う羽目になってしまったらどうしますか?
ア「ええ!?魔族でも売れば…」
ミ「やめろ。」(殺気
ア「おー?冗談だぜ?冗談w。」
 76.もしも1つだけ願いがかなうとしたら、何を願いますか?
ア「クロバとずっと一緒にいたい。そう、ずっと…」
ミ「…みんな仲良くして、ほしい」
 77.その為に何か大切な物を失うとしたら、何ですか?
ア「…クロバ以外に大切なものなんて。」
ミ「…命、くらいしか」
 78.生まれ変わったら何になりたいですか?
ア「鳥!飛んでみたいし。」
ミ「…あざらしじゃない、のか。」
ア「表に出ろ」
 79.もし1日だけ誰か別のキャラと入れ替われるとしたら、誰になって、何をしますか?
ア「…ザッハかな。…………」
ミ「…ミュア。…一番…に身近、だから、様子、みて、みたい」
 80.将来の夢はなんですか?
ア「ガキの頃は…クロバのお婿さんになるーって考えてたけど…今は…魔族が苦しめばいいなって。あはははっ。あ、クロバが好きなのはかわってないから」
ミ「…皆、仲良く、したい」
 81.諦めてしまった夢はありますか?あるとしたら、それは何ですか?
ア「…なんだろうなー?」
ミ「…あるには、ある」
 82.過去に辛い記憶などは持っていますか?
ア「あっははははは」
ミ「…まあ、な」
 83.10年後のあなたは何をしていると思いますか?
ア「さあ?……少なくとも、魔族と仲良くーっなんてそんなことは絶対にしてないだろうよ」
ミ「…わからない」
 84.休みの日は何をしていますか?
ア「だらだらしてる。」
ミ「…普段とかわら、ない」
 85.では、普段は何をしていますか?
ア「人に言えない様な事。はい、次」
ミ「…魔族の、子供の、面倒、みてる。たまに。」
 86.あなたの体力/力/守備力/魔法力/魔法防御力/素早さ/技量/運を5段階で現すと?
ア「体力3力5守備力2魔法力2魔法防御力5素早さ3技量3運3。」
ミ「…体力5力4守備力5魔法力5魔法防御力5素早さ3技量4運1」
 87.その他のステータスで、5段階中5が取れそうなのは何ですか?
ア「さあな(クロバへの想いなら!!!)」((
ミ「…身長?」
ア「ほざけ」
 88.では、1を取ってしまいそうなのは?
ア「ん…わかんね」
ミ「…会話能力」
 89.毒・魅了・混乱などに耐性はありますか?弱いですか?
ア「よく混乱する…」
ミ「…平気」
 90.ぶっちゃけスケベですか?むっつりですか?興味ないですか?
ア「た、確かにクロバとかの写真いっぱい撮ってるけどそれは決して変態では」((
ミ「……?」
 91.ここで一句。
ア「ん?」
ミ「…」
 92.冗談です。
ア「な、何がだ?」
ミ「……」
 93.もしも突然子供の姿になってしまったらどうしますか?
ア「そりゃ驚くだろ」
ミ「…さあ」
 94.もしも突然老人の姿になってしまったらどうしますか?
ア「倒れるかも」
ミ「……もう老人、並み…」
 95.もしもあなたの性別が突然変わってしまったらどうしますか?
ア「終わるな…そりゃ」
ミ「…どうもしないが」
 96.もしも世界を滅ぼせるほどの力を手に入れたら、何をしますか?
ア「魔族を苦しめてやる!!…あ、いっそ魔族滅ぼせるかな!?人間でも!?」
ミ「…それくらいの力、もう、持ってる…から、どうも、しない」
ア「あ?はったりか?」
ミ「…どう、だろうな」
 97.もしも明日で世界が滅ぶとしたら、何をしますか?
ア「あ?魔族のせいだろどーせ。…ま、いいさ。別に。どーでも。」
ミ「…わから、ない」
 98.作者さんの事をどう思いますか?
ア「気持ち悪いよなー」
マイ「酷い…なんで皆」
ミ「…よしよし」
マイ「うわぁぁぁぁミドリハぁぁぁぁぁ」
 99.作者さんにはどの程度気に入られていますか?
マイ「アザメは…置いといて、ミドリハ大好きだぜっ!!!」
ア「は!?」
ミ「…わー…」
ア「…俺の扱い酷くねーか…」
ミ「…自分の、発言、振りかえ、ろう。」
 100.お疲れ様でした。最後にキメ台詞をどうぞ。
ミ「………うー」
ア「『うー』だけかよ!?」