読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイ ネーム イズ マイ

不定期更新しますですー

甘党と苦渋党 3

あれから数分後、スフレはぼうっと立ったまま、どこにも動かず、なんにもしませんでした。
 
謝りに行ったほうがいいのでしょうか。それとも、フラウィアちゃんたちとはもう離れるべきでしょうか。
 
…わからない、無知のスフレには。なんにも。どうしたら、いいの?
 
「ぐ…うう」
 
あっ…眠っていた眼鏡君が起きました。
 
「あ、あのぉ…」
 
「何だ」
 
眼鏡君は起き上がると同時に、瞬時に口にガスマスクをつけました。
 
「あ、あの、そのガスマスクは…?」
 
「俺は砂糖の入った菓子は嫌いなんだ。匂いだけでも無理だ。だからマスクで匂いを防いでいる。…で、紙のマスクじゃ、結局匂いを嗅いでしまうから、ガスマスクにしたというわけだ。」
 
「そ、そうですか…。スフレ、ガスマスクしたことないからわかりませんが、それで匂いは防げるんですか?」
 
「問題ない。…恐らく」
 
恐らく…ですか。ま、まあ、大丈夫なのでしょう。これでやっと眼鏡君とちゃんと話せるかもしれません。話しかけてみましょう。
 
「あの、眼鏡君」
 
「…誰だ、眼鏡君とは」
眼鏡君はジトーッとこちらをみつめています。眼鏡君は眼鏡君なのでは?
 
「あなたの事ですが…」
 
「……っ!?」
 
「あっ!?」
 
眼鏡君は、ベッドの上からズッコケて、床とぺったんこしてしまいました。
 
「…俺は眼鏡君じゃない…確かに眼鏡をかけているがな…」
 
眼鏡君は、さっと起き上がり、眼鏡に手をあてて、ゆっくりと口を開きました。
 
「…アウォーだ。」
「青?」
「アオじゃない。アウォーだ。」
 
アウォー…それが眼鏡君の名前なのですね!ちゃんと覚えなければ!
 
「お前は?」
「スフレですか?スフレは…」
「もういい。わかったから。スフレか。…よろしく。」
「あ、あら…すごいですね!自己紹介する前にスフレの名前がわかっちゃうなんて!」
 
「……馬鹿か?」
なっ…!?いきなり悪口ですか!?
「ひ、酷いです!馬鹿だなんて!」
「…すまん。」
 
むぅ…まあ、そういう風に誤魔化さないで正直になんでも言ってくれる方は、嫌いではないですけど…
レマ君も素直(?)に悪口言ったりしますがネチネチした言い方ですから怖いですし…
『図々しいねぇ』
……ああ、どうしましょう。レマ君の事を思い出すと先ほどの喧嘩を…
「…なにがあった」
「えっ!?スフレの心の中読んだんですか!?す、すごいです…!
「…いや、声にでてたぞ」
え…あ…いつの間に…。 スフレとしたことが、うっかり……。
「…まあ、悩みがあるなら聞いてやらない事もない。…話せ。」
「は、はい!」
 
 
スフレはめが…アウォー君に真剣に話を聞いてもらいました。
 
 
 
「…喧嘩か」
「……はい。…スフレ、間違ってしまったんでしょうか。…アウォー君、わかりますか?」
この子に聞いて答えがでるといいのですが…。
 
 
 
「知らん。間違っているか間違ってないか、それはお前自身が判断することだ。俺が決める事じゃない。自分で考えるんだな。」
「…!」
 
聞けば答えがわかる、なんて甘い考えをしていたスフレが馬鹿みたいです。…そう、か。判断するのはスフレか…。そうですよね、これはスフレ自身の問題なんですもんね。
スフレはあの時、後悔したくないからあんな事を言った。でも、結果、フラウィアちゃんを泣かせてしまったり、レマ君を怒らせたりしてしまった。
いい方向に進んでいないのなら、やっぱりスフレは間違っていたんでしょうか…うーん、1人で考えてもまだわかりません…。
 
「…まあ、だが…」
 
「え?」
「…いや、なんでもない。きにするな」
「えー!そ、そんなあ!」
き、気になります…!い、一体なにを言おうとしたんでしょうか…?しつこく聞いても絶対教えてくれなさそうですし…諦めますか…
それにしても、一見、アウォー君もレマ君みたいに冷たい人なのかな、と思いましたが…しっかりとスフレの話を聞いてくれました。
人を突き放すような言い方をしますが、それがアウォー君の優しさなんでしょうか。…なんて、前向きに捉えちゃいましたけど…実際はどうなんでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
…それから何分か後、スフレとアウォー君は、どういう訳か世間話に発展しました。
 
「何故ですか!スフレは目玉焼きは砂糖派ですよ!それ以外なんて認めませんわ!しょっぱいものや辛いものはあまり得意ではありませんしね!」
 
「砂糖なんて恐ろしいものをかけるなんてどうかしてるな。普通はわさびだろう、わさび。」  
 
「わさび…?聞いた事ないです…」
 
「これだ」
 
アウォー君は、ポッケから緑色の細長い入れ物を出し、ぐっと力を入れると、その中から黄緑色の物体がでてきて、スフレの口に向かって飛んでき……辛っ!?な、なんですかこのツーンとした辛さは!?一口舐めただけでも体がビリビリします…これがわさび!!
 
こ、こんな辛いものスフレには無理です!少し舐めただけでビリビリします…おまけに頭も…クラクラ…します…。アウォー君、よくわさび食べれますよね…。もしや甘いものが苦手な分、辛いものが大好き、という事でしょうか…!?
 
「それは関係ない。確かに甘いものは大嫌いだが、だからといって辛いのが大好きという訳ではない。ほどほど好き、という程度だ。ちなみに俺が一番好きなのは苦いもの、例えば抹茶だ。覚えておけ。」
 
…またしてもうっかり喋ってしまったんでしょうか。それともテレパシーでも使えるのでしょうか…。
 
「いや、馬鹿の考えてそうな事は言わなくてもだいたいわかる。」
 
ま、また馬鹿…って…。うう、さすがにもう凹みますよぅ…。次からは読まれないようにしなければ!!
 
「…随分と、ストレートなんですね。アウォー君って。」
悔しいので、あの子みたく、真っ黒に微笑んでみました。どうでしょう、怒りますか?怒っちゃいますか?ふふふふ、さあ、怒っちゃってください!
 
「思った事をそのまま言っただけだ。」
……それをストレートというのでは…?ていうか、真顔で返答されました…逆にこっちが悔しいです…。おまけに恥ずかしい…。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
微かに橙色が残る、藍色の空の下では、紫色のネズミが、また1匹静かに佇んでいた。
「…そろそろ、『彼女』と同じになってもいい頃かな。」
と、言うと、辺りは闇色の霧に包まれた。だがその霧はほんの数秒で晴れた。…晴れた場所には、もうネズミはどこにもいなかった。
代わりに、1枚の果実の匂いが漂う藁半紙と空白が残されていた。
『Please look for a                     』
 
 
「…絶対、ここにはあの子が戻ってくる。花の好きなあの子が。」
 
ーTUDUKUー
私はたまご焼き派です((
ア「…おい」
マイ「だってー目玉焼き食べれないしー。あ、アウォー君の紹介についてはまた後ほど!」
ス「眼鏡君…ではなく、アウォー君、名前判明してよかったです!」
ア「…何故眼鏡君だった…。あ、今回は今までシリアス展開だった分ギャグを入れてみたようだ。」
ス「でも、やっぱりまだ謎が多いですよね。特に最後。」
ア「ネズミは何者なんだろうな。…まあ、俺には関係ないが。…さて、失礼する」
ス「ではでは!」
マイ「ちっちゃいアウォー君は性格明るいですのう」