読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイ ネーム イズ マイ

不定期更新しますですー

カオスティックだわこれ。


好きなキャラを適当にうめてった、世界観とか無視です((

新境地

新境地です。数字に名前を当てはめて、あとは運を天に任せましょう。場合によってはCP表現、キャラ崩壊があるので注意です。

【1】カーネ
【2】キク
【3】ビュルア
【4】しうん
【5】リト
【6】みち
【7】スフレ
【8】ほむら
【9】ウレア
【10】やもり

 

始まります。

 

1:【6 みち】はある日【9 ウレア】の部屋の前で妙なラベルの貼られた液体入りの瓶を発見する。悪戯心から集合していたメンバーの飲み物に混ぜてみて様子を見ることに。(良い子はマネしないように!!)
→みち「わあ、なんだろう、これ…ちょ、ちょっと混ぜてみようかな、神様許して…なんて」

2:飲み物を飲んだ【2 キク】達に早速異変が。【2 キク】は突然中二病よろしく目やら腕やらが疼きだし【8 ほむら】はネガティブ全開になって部屋の隅で落ち込み【1カーネ】は唯一飲み物に手を付けていなかった【5 リト】を執拗に口説き始めた。
→キク「ぐ、ぐぁぁぁぁ!!我が第三の目が拓いてしまうっ!!くっ…!!殺せ!俺が、何もかも壊してしまう前にっ!!!」
ほむら「ううう、どうせ俺は何をやってもダメダメな師匠だよー…」(草を抜いてる
カーネ「リト!!あたしお前の事見直したにゃ!付き合ってくれにゃ!!」
リト「…は?気持ち悪い。さっさとどこかへ行って死んできて。」
カーネ「その冷たいののしりもいいにゃ!!」
リト「…誰か助けて。怖い。」

3:そこに遅れてやってきた【10 やもり】と【3 ビュルア】。余りの惨状に動揺を隠せない【3 ビュルア】と冷静に正気の【5 リト】に状況の説明を求める【10 やもり】。
→リト「…はぁ」
ビュルア「!?!?な、なんだこりゃ!?どうなってんだ!?あいつ(キク)は置いといて、なんかほむらって人がネガティブになってるし、アホ猫がこくりだしたぞ!?」
やもり「…リトさん、状況説明お願いします」
リト「…なんか、知らないけどこうなった。あ…ビュルア。君の所のアホ猫がしつこい、なんとかして。」
カーネ「リートッ!♡」
ビュルア「ごめん、無理だわ。」
リト「…使えない…」

4:心を落ち着かせようと【3 ビュルア】はその場にあった飲み物を飲んでしまう。すると【3 ビュルア】は白目を剥いてブリッジの体制で天井を駆け回りだす。これにより【10 やもり】と【5 リト】は飲み物が原因と確信。
→ビュルア「とりあえず、喉渇いたしなんか飲もう………ひっひぃーーーっ!!!!!はぁ!!wwwwww」(駆け回る
リト「っ!?」
やもり「…あのジュースを飲んでおかしくなりましたよね。ていうことは、あれが原因でしょうね。」
リト「…飲まなくてよかった。」(ホッ

5:この一連の流れを影から見ていた【6 みち】は面白い展開をビデオに収めご満悦。そこをさらに遅れて来た【7 スフレ】に見つかってしまう。
→みち「わわ、なんだか大変な事に!!で、でも、ちょっと面白いかも…」(クスクス
スフレ「みちちゃん、なにをしているんですか?」
みち「ちょ、ちょっとビデオを…って、ひゃぁあ!?!?」

6:【7 スフレ】に何をしていたのか問い詰められ焦る【6 みち】。うっかりさっきのビデオを落としてしまう。【10 やもり】にそれを発見され犯人判明。(【5 リト】は【1 カーネ】にまだ口説かれていたためこの場には来れず)
→スフレ「みちちゃん、ここでいったいなにをして…あら、このカメラは?」
みち「あ、ああああ、ああ…ふぇぇぇぇぇ(泣)」
やもり「…みち?…あ。もしかして、犯人は。」
みち「や、やもり!!ごめんなさい!!悪戯心が…その…」

カーネ「リト!かっこいい!!イケメン!!」
リト「…キモい。」

7:正座させられ【7 スフレ】と【10 やもり】の尋問を受ける【6 みち】。皆を元に戻す方法を問われるがわからない。【9 ウレア】の部屋の前で見つけたのを思い出し、【9 ウレア】に何か知らないか聞きに行くことに。
→スフレ「あの飲み物、どこから持ってきたんですか!」
みち「ふぇぇぇ、えっと、えっと」
やもり「…どこから持ってきたの?みち。怒らないから、言って。」
みち「…ウ、ウレアさんのお部屋…です。」
やもり「なるほど。じゃあ、行くか」

8:【9 ウレア】の部屋に向かうには【2 キク】達のいる部屋を通らなければならない。【7 スフレ】【10 やもり】【6 みち】が部屋に戻ると中二病の【2 キク】が憑りつかれたような動きをする【3 ビュルア】と交戦中。【8 ほむら】は泣きすぎて干からびかけ【5 リト】は【1 カーネ】に絆されかけていた。
→やもり「…と思ったけど、どうしようあれ」
スフレ「う、うーん。」
みち「本当にごめんなさい…」

キク「き、きみ!!ダメだ!!俺を視たら!!俺の第三の瞳、エレメント・ダークアイは俺を視た者すべての命を吸い取ってしまう!!」
ビュルア「キシャシャシャシャwwwwwなにいってんだお前wwwwワロスワロスwwwwwwwwww」

ほむら「どうせ俺はなんにも出来ないグズだっ…やもりにもみちにもまともな生活させてあげられっ…」(小声

カーネ「アイスまんじゅうやるからぁ!!」
リト「…食料で釣れると思うなよ。」


9:とりあえず交戦中の【2 キク】と【3 ビュルア】の間を突破すべく【7 スフレ】は【8 ほむら】をひっつかみ放り投げる。【8 ほむら】は天井を這っていた【3 ビュルア】に命中しそれが【2 キク】の上に落下し見事ダブルノックアウトを決めた。【10 やもり】はあまりに強引なやり方の【7 スフレ】に怪訝な目。【6 みち】は爆笑しながら一連の様子をビデオに収めていた。
→ビュルア「ひぇーっwwwwwwwwww全世界の皆様ワロスワロスwww」
キク「嗚呼、視てしまったか…残念だ、もう二度と、繰り返したくは…なかったのに。」
スフレ「この人、お、重い…!!ええい!!投げやりで!!!」(ほむらを投げる
やもり「…あっ」
ほむら「!?!?!?!?!?」(ゴッ
ビュルア「wwwwワロスワロs」(ぶつかって落ちる
キク「…え?うそーん。この人らめっちゃ重いって聞いてるんだけd……あっ。」(2人の下敷きになる

みち「う、うううぅぅww」(こっそり撮っている

スフレ「…ふぅ。」
やもり「…めちゃくちゃなやり方ですね。ていうか、よくほむらさん持てましたね。あの人、筋肉たくさんあるから、すごく重いはずなんですけど。」
スフレ「…エッ」
やもり「…力強いんですね。尊敬しますよ」
スフレ「…い、いえいえ…(冷たい目で見られてる!!)」

10:なんとかキャラ崩壊の魔境を潜り抜け【9 ウレア】の部屋の前にたどり着いた三人。中に入ると【9 ウレア】が高笑いしながら謎の装置で薬品らしきものを作っていた。
→やもり「失礼します。…」(開けてからいったんドア閉める
みち「な、なんで閉めるの!?」
やもり「…アレ、みてみな」
みち「へ?…」(開けてからいったんドア閉める
スフレ「な、なにがどうなって…!?わ、ウレアさんが気持ち悪い程に笑ってる!!」

ウレア「…フ、フフ、フフフフ…!!」

11:状況が呑み込めない中【7 スフレ】が床に転がっていた空瓶を発見。ラベルには『性格変更ジュース:マッドサイエンティスト』の文字が。…つまりこれを飲んだ【9 ウレア】が【6 みち】の飲ませた薬品を作っていたということらしい。
→スフレ「これは一体…?…『性格変更ジュース:マッドサイエンティスト』?…あ」(察
ウレア「…なにあんたら、勝手に部屋に入って来て。撃つわよ…?」
やもり「随分とおっかない人ですね」
みち「…ていうか、性格が変わっても撃つんですね…結局」

12:原因はわかったが元に戻す方法がわからないでいると、【6 みち】が【9 ウレア】に何かを耳打ちする。すると【9 ウレア】はみんなを元に戻す解毒剤を作ると言い出した。【6 みち】に【9 ウレア】に何を言ったのか聞いても『性格が変わっても【9 ウレア】は【9 ウレア】だから』としか言わない。何かを察する【10 やもり】。てんでわからない【7 スフレ】。
→スフレ「あ、あの、ウレアちゃん、なんとか解決してくれないでしょうか?」
ウレア「嫌」(即答
みち「…!……」(ごにょごにょ
ウレア「…1週間までよ。」(作りはじめる
みち「う、うう、わかりました」
やもり「…なんて言ったの?」
みち「…性格が変わってもウレアさんはウレアさんなんです!」
スフレ「はへ…?」
やもり「…この人のことだから、アイスか、あるいはメカの事でしょうね。」


13:とにもかくにも解毒剤は完成し、【1 カーネ】【2 キク】【3 ビュルア】【8 ほむら】【9 ウレア】は無事元に戻った。記憶は無いらしくちょっぴり残念そうな【5 リト】。【6 みち】は事情を知らされた【2 キク】【3 ビュルア】【8 ほむら】にシメられていた。
→やもり「(イカれたあの人達には近づきたくないし…これでっ!!)はぁっ!」(みんなの口に的確に解毒剤投げる
スフレ「ナイスプレーです。」

ビュ「ふがっ!!」
キク「うぇっ」
ほむら「っ!?」
カーネ「にゃぁ!?」
ウレア「…」(自分だけちゃんと飲む

みち「み、みんな戻ったのかな?」
ほむら「あれ…俺らなにを?」
みち「ほむらさん!戻ってよかった!」
ほむら「お、おう?」
ウレア「…暑苦しいアンタ(ほむら)、こいつが犯人。保護者の責任でしょ。叱っときなさい」
ほむら「え…」
みち「ウ、ウレアさん!!」


ビュルア「…ほう?おいてめぇ…とんでもないことやらかしてくれたみたいだな…?」(負のオーラ
キク「まあ、俺はそんなに怒ってないけど。2人に便乗して、怒っちゃうぞー!!」(すっごい笑顔
ほむら「みちー。ちゃーんとみんなにごめんなさい、しようなー?」(威圧感
みち「ひぇぇぇぇ!!みなさんごめんなさい!!(泣)」

カーネ「はて、あたしはなにをしていたのかにゃ?」
リト「…あ…アイスまんじゅうが…」
スフレ「残念なのはアイスまんじゅうの方ですかっ!!」
リト「え…なに、こんなアホな猫に誰がときめくの…?」(真顔
カーネ「失礼にゃね!!!」

14:しかしのこる疑問『だれが最初の薬を【9 ウレア】に飲ませたのか』に首をひねる【10 やもり】。そこに出先から戻ってきた【4 しうん】が。お土産と【4 しうん】がカバンから取り出したのは…件の『性格変更ジュース』だった。元凶、発覚。
→やもり「しかし、こんなもの、どこから拾ってきたんです?」
ウレア「…確か…あの変な紫色の」
しうん「(ただいま!帰ってきたぞ!!さっきのジュースいっぱい買ってきた!!)」
ビュルア「ん?なんか言ってるのか?こいつ。」
やもり「…こいつは喋れないので。…ん?さっきのジュース?」
しうん「(ほら、これだぞ!みんな、飲め!!)」(カバンから出す
一同「あっ……」
しうん「(ん?みんな、どうした?)」(きょとん

 

終了です。今回はストーリーものにした分楽しめなかったと思います…すいません。

回しますか?フリーですか?
→フリーです!

以上です。お疲れ様でした。

k感想タイム!!もとい雑談なのでスルーしてOKですん

適当にうめてった結果こうなりましたwどうかなw?違和感とかありますかねw世界観が全く違う子たちも混ぜてるので会話噛み合うかなと思ったけどなんとかいけたですw
セリフ少ない4番が紫雲でよかった…だってあの子喋れないから心のこえが聞こえる刃守がいちいち翻訳しないといけないんです。だるいです。((
ビュルアがすごい崩壊してた気がするwあの全世界の皆様ワロス(ryは…確かレマの台詞をとりました(どこで言ってたかは忘れた)キクはおふざけでもたまに中二セリフ言ったりしますのである意味通常運転じゃね…?ていうか、あの子の「通常」が生みの親の私でもよくわかんない((
焔はあまりだしてはいないキャラだからよくわからないこと多いかもしれませんが、本当は頼れる兄貴分ってキャラなんです。だのになんでかヘタレってイメージが定着しそうでコワイ。バトンの神様にもネガティブにされちゃったよあはは。
お久しぶりのリト君は通常運転です。りっとりとにしてよんよ。((なに言ってんだ   あ、スフレは女子が少なかったので正直言って数合わせです。ごめんねスフレwww ス「酷いです!!」 ウレアも通常運転。だがしかし造ってるのはメカじゃなくてジュースでした。
そういえば最近刃守で成りたい心境ですです!やもりんやもりん!!なんて話してる場合じゃなくて、刃守は私と同じ面倒臭がりですがやるときはやる子です!今回みたいに!たまたまそこをだせてよかったです!ではでは!ありがとうございました!


P.S 今回の一番のキャラ崩壊は未知ちゃんでした((

 

URLはこちらでーす。
------------------
エムブロ!バトン倉庫
http://mblg.tv/btn/view?id=58966
------------------